Netflixドラマ版『僕だけがいない街』12月配信決定 “リバイバル”する藤沼悟の姿も

写真拡大

 Netflixオリジナルドラマ『僕だけがいない街』が、12月15日より全世界配信されることが決定し、キーアートが公開された。

参考:有村架純は涙腺を刺激する女優だーー『僕だけがいない街』で健気なヒロイン演じる

 本作は、『ヤングエース』(KADOKAWA)で連載されていた同名コミックをドラマ化したサスペンス。主人公・藤沼悟が、時が巻き戻る現象“リバイバル”を利用して、母親を殺害した犯人を探し出す模様を描く。

 今回のドラマ版で主演を務めるのは、『ライチ☆光クラブ』や『べっぴんさん』の古川雄輝。そのほか、優希美青、白洲 迅、 内川蓮生、柿原りんか、矢野聖人、江口のりこ、眞島秀和、戸次重幸、黒谷友香が、キャストに名を連ねている。

 公開されたキーアートは、頭を押さえ、今にも“リバイバル”に巻き込まれそうな悟が印象的な一枚に仕上がっている。中心には、18年前の小学生の悟が、連続児童殺害事件の被害者の一人である同級生の雛月加代(内川)を心配そうに見つめる姿が描かれている。

 同コミックは、2016年にテレビアニメ化、藤原竜也主演で映画化されてきたが、原作完結後の映像化は今回が初めてとなる。(リアルサウンド編集部)