機能が増えて、さらに賢く!小回りの効くロボットクリーナーが便利です

写真拡大 (全3枚)

仕事などの外出中に部屋をキレイに掃除してくれるロボットクリーナーは、機能が向上したことで実用性の高さもここ近年で大きくレベルアップ。販売台数も前年比109%とこれまで以上に注目度と人気が高くなっており、一家に一台という時代がそう遠くない時期にやってくることを予感させます。

日立プライアンスから発売された「minimaru(ミニマル)RV-EX1」はユーザーからの声を参考に改良・開発を行い完成した、ロボットクリーナー「minimaru」シリーズの最新モデルです。

本体幅25cm×高さ9.2cmと小さなサイズで、テーブルや椅子の脚の間などの狭い場所、ソファやベッドの下などの低いところ、家具の間や部屋の隅など、掃除のしにくい箇所をしっかり掃除し、素早い方向転換できびきびと動くことで、こまめかつ丁寧に掃除を行います。走行制御「minimaruAI」が、汚れの状況に合わせて100以上の行動パターンから最適の運転を選択。また、ごみの多い場所を判断し、そのエリアに戻って掃除するという新走行制御「ごみハンター走行」を行います。

掃除モードは「自動/念入り/スポット」に加え、運転音を抑えてゆっくり時間をかけて掃除する「マナー」モードや、家具の配置などに合わせて走行パターンを選べる「おこのみ」モードを搭載。生活シーンに合った掃除をしてくれます。

ブラシ部には回転ブラシとかきとりブラシを組み合わせた独自の「ダブルかきとりブラシ」を採用し、小型ながら強力な「小型ハイパワーファンモーターR」からの送風で、様々な床面のごみをしっかり集塵します。

強い気流でダストケース内のごみを圧縮する「ごみプレス」運転や、ブラシ部のほこりをクリーニングしてくれる「ブラシ自動おそうじ」など、従来品で好評だったお手入れ機能も引き続き採用。ロボット本体をキレイな状態に保ちます。

リチウムイオン電池を内蔵し、約3時間のフル充電で掃除時間は最長で約60分間(自動モード時)。稼動面積は最大約32畳と広範囲に掃除します。タイマー予約機能で毎日同じ時間に掃除を開始させたり、付属のリモコンで操作したりすることも可能。本体重量は約2.3kg。シャンパンゴールドとパールホワイトの2色が用意されています。丁寧な掃除はもちろんのこと、新たな行動パターンを搭載してより一層賢くなった小型ロボットクリーナー。価格はオープンプライスです。

>> 日立プライアンス

 

(文/&GP編集部)