元Jリーガーのフッキ、衝撃の“弾丸FK”動画に欧州メディア脱帽 「才能や力を失っていない」

写真拡大

中国超級リーグの河南建業戦で、強烈な一撃を叩き込む

 今季のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)で、浦和レッズと激闘を繰り広げた上海上港の元ブラジル代表FWフッキが、中国リーグで強烈なFK弾を叩き込んだ。

 かつてJリーガーとして東京ヴェルディやコンサドーレ札幌などで猛威を振るったストライカーの一撃に欧州メディアも反応し、「才能や力を失っていない」と報じている。

 フッキが圧巻のFK弾を叩き込んだのは、29日に行われた中国超級リーグ、アウェーでの河南建業戦だった。0-1とリードされて迎えた後半6分、ゴールから約25メートルの正面やや左サイドの位置でFKを得ると、同胞MFオスカルをボールの側に立たせて精神を集中させる。そしてホイッスルが鳴り助走を開始。淀みのないフォームから自慢の左足を力強く振り抜くと、カーブのかかった強烈な弾丸シュートがゴールのニアサイドをぶち抜いた。

 あまりのスピードに河南建業GKの反応も遅れ、壁を飛び越えてくるボールの軌道を見て右にステップを踏んだが、時すでに遅し。強烈な一撃がネットを揺らした瞬間、ピッチに突っ伏して悔しがり、河南建業の選手や敵地の観衆も脱帽といった様子だった。

 2008年から12年までポルトの一員として欧州を席巻したフッキだけに、ポルトガル紙「レコルド」もこのゴラッソを動画付きで紹介。「フッキがこの“爆弾”で上海上港を復活に導く」と、この一撃で同点に追いついたことが4-2の逆転勝利につながったと伝えた。

「フッキのスーパーFK」と紹介

 また、フランスメディア「Europe 1 Sports」も、「フッキのスーパーFK」との見出しを打って、このゴールを動画付きでレポート。「フッキはポルトやゼニトに所属した際、欧州の守備陣を脅かした才能や力を失っていない」と讃えた。

 上海上港は今季アジア制覇を狙うも、ACL準決勝で浦和の前に2戦合計1-2と敗戦。特に埼玉スタジアムでの第2戦では日本代表DF槙野智章らの粘り強い守備の前に、0-1と沈黙した。中国超級リーグでは現在2位だが、すでに広州恒大の7連覇が決定。リーグタイトルも逃している“爆買い軍団”だが、フッキは意地を見せ、その実力がいまだ健在であることを示している。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【動画】上海上港のフッキが決めた“弾丸FK”

上海上港のフッキが決めた“弾丸FK”