犬の乾燥肌について

みなさんは愛犬の肌の健康チェックはされていらっしゃるでしょうか。犬の肌は毛で覆われているため、なかなか変化に気づけない方も多いのではないでしょうか。

うちのポメラニアンは肌が乾燥しやすく、乾燥がひどい時には大きなフケが出てしまうこともあります。

ブラッシングの際に気づくことが多いのですが、抜け毛に大きなフケがついていることがあり、肌をチェックしてみると乾燥してしまっているんです。

犬の肌はどんな時に乾燥しやすいのか?

空気が乾燥しやすい冬は、人間の肌が乾燥してカサカサになるのと同じように、犬の肌も乾燥してカサカサになってしまうことがあります。

また、季節の変わり目も肌の調子が崩れてしまいやすいため、乾燥してしまったり、カサカサになってしまったり、その他の肌トラブルを引き起こしてしまうこともあります。

また、もともと乾燥肌であり、ちょっとした変化によって肌が乾燥したり、カサカサしたりなど、肌トラブルを引き起こしやすい犬もいます。

毛にも変化が!?

肌トラブルが原因となり、毛にも変化があらわれることがあります。

毛にツヤがなくなってきた気がする何だか毛がパサパサしてきた気がする

このような変化を感じたら、肌のチェックも行ってみてください。乾燥やカサカサなどの肌トラブルを引き起こしている可能性があります。

犬の肌を乾燥から守るために

室内で過ごすことが多い場合、冷房や暖房が原因で肌が乾燥してしまうことがあります。犬が快適に過ごせるよう、部屋を涼しくしたり温かくしたりすることも必要ですが、温度と一緒に湿度にも気を遣うようにしましょう。

犬の肌が乾燥してカサカサになっていることに気づいたら、病院へ連れて行くべきなのか?注目すべき点は「本当にただの乾燥肌なのか」という点です。

ただの乾燥肌ではなく、アトピー性皮膚炎などの皮膚病が根本にあり、それらを患ってしまっている可能性もあります。うちの二代目、豆柴の女の子はアトピー性皮膚炎が原因で皮膚が乾燥し、フケやニオイがひどくなってしまったことがありました。

ただの乾燥肌なのか、アトピー性皮膚炎などの皮膚病なのか、その他の肌トラブルなのか、ご自分で判断することができない場合には、ぜひ獣医さんに相談してみましょう。

獣医さんに相談することで肌の乾燥やカサカサの原因を知ることができますし、適切な保湿方法や治療方法を行ってあげることができます。

犬の肌の保湿方法その 屮轡礇鵐廖次

シャンプーが原因で肌が乾燥してしまうことがあります。人間の肌は皮脂によって潤いを保つことができますが、犬の肌は人間のようなたっぷりの皮脂がありません。

洗浄力の強すぎるシャンプーによって、肌の健康を保つために必要な潤いまで洗い流してしまっている可能性があります。

犬の肌は弱アルカリ性であり、pH7〜pH9ほどに保たれている状態が健康的であるとされています。シャンプー選びにも注意が必要ですが、すすぎ残しがないように注意することも必要です。

また、お湯の温度が乾燥肌の原因になることもあるため、熱すぎないように注意しましょう。

犬の肌の保湿方法その◆嵎歇昇沺

獣医さんに相談することで保湿剤を処方してもらうことができます。うちの愛犬が処方してもらったことがあるのは、液体タイプです。シャンプーの後に塗布するものです。

保湿成分が含まれたシャンプーもありますが、十分に保湿されなかったため、保湿剤を処方してもらっています。肉球が乾燥しやすい犬もいると思いますが、肉球専用の保湿クリームや保湿オイルがあります。

しかし、舐めとってしまうことが悩みだ、という方も多いのではないでしょうか。うちでは肉球のお手入れに舐めても安心なココナッツオイルを使用しており、獣医さんからも問題ないと言っていただいています。

あくまでも参考程度に。

犬の肌の保湿方法その「食事」

肌の乾燥やカサカサの原因が体質や食事にある場合、食事を変えることで改善することができる場合があります。

新鮮やお野菜を与えたり、フードを変えたり、体質改善を行うことで肌の乾燥やカサカサも改善されることがあります。

獣医さんに相談することで、肌の乾燥やカサカサや肌トラブルを改善するためのサプリメントを処方してもらうことも可能です。

まとめ

空気が乾燥しやすい時期や季節、季節の変わり目など、人間と同じように犬の肌も乾燥し、カサカサになりやすくなります。

肌の乾燥は痒みやフケの原因になり、とても不快なものです。愛犬の肌の健康も、ぜひこまめにチェックしてあげてください。

肌の乾燥やカサカサがひどい場合や繰り返す場合、

アトピー性皮膚炎アレルギー角化症脂漏症

などの皮膚病が根底にある可能性もあります。肌の保湿を心がけるだけではなく、治療が必要である場合もあります。

肌の乾燥やカサカサが治らない場合、感染症を疑う場合もあり、

寄生虫の感染真菌の感染細菌の感染など

の可能性があります。愛犬の肌に異常を見つけたら、すぐに獣医さんに相談しましょう。


(獣医師監修:加藤桂子先生)