「京都・花灯路」嵐山&東山で開催 - 渡月橋や竹林の小径をライトアップ

写真拡大

「京都・花灯路」が、嵐山と東山の二か所で開催。嵐山は2017年12月8日(金)から17日(日)まで、東山は2018年3月9日(金)から18日(日)までの期間で実施される。

「京都・花灯路」とは

「京都・花灯路」は21世紀の京都の夜の風物詩を目指して行われている「灯り」と「花」がテーマのイベント。京都を代表する寺院・神社をはじめとする歴史的な文化遺産や、まちなみなどを、露地行灯の「灯り」と「花」によって華やかに演出する。

「京都・嵐山花灯路-2017」

「京都・嵐山花灯路-2017」は、嵯峨・嵐山地域を会場に、2017年12月8日(金)から17日(日)の期間で開催。渡月橋や竹林の小径など、定番の観光スポットの初冬の季節感が魅力的に表現される。

エリア全体をロームが灯す「灯りと花の路」

エリア全体を網羅するように設定されたルートには、無数のLED電球を使用した露地行灯を設置。また、その灯りとともに、いけばなによる演出も実施され、思わず歩きたくなってしまう幻想的な路が至る所に広がる。

渡月橋周辺や竹林の小径をライトアップ

渡月橋と山裾、水辺など周辺をライトアップし、雄大で美しい夜の自然景観を演出。嵐山をバックにした景色が有名な渡月橋の、いつもとは一味違った美しい姿を見ることができる。

野宮神社から大河内山荘庭園に至る散策路両側の竹林のライトアップでは、幻想的な情景が頭上まで広がり、見る人々を包み込む。灯りに照らされ、風にそよぐ笹は、見ているだけでヒーリング効果がありそう。

「京都・東山花灯路-2018」

「京都・東山花灯路-2018」は、東山地域を会場に、2018年3月9日(金)から3月18日(日)の期間で開催。嵐山と同様の「灯りと花の路」をはじめとするライトアップだけでなく、舞妓による奉納舞踏や、地元の小学生によるお囃子も実施される。

「竹灯り・幽玄の川」円山公園を舞台に

桜の名所として知られる円山公園もイベントならではの表情へ変化。園内にある吉水の小川のせせらぎを、竹とろうそくを使って幻想的に演出する。「火」によって灯される灯りは、電灯とはまた違った、温もりのある雰囲気を作り上げる。

舞妓の奉納舞踏や「火の用心」お囃子組も

五花街の舞妓が八坂神社にて舞踏を奉納。舞殿を舞台にした華やかな舞踏は花灯路に一層の彩りを添える。また、地元小学校の児童が火の用心をテーマにしたわらべ歌を唄いながら、青蓮寺から清水寺までの「灯りと花の路」を練り歩く「火の用心・お囃子組」も実施。賑やかに響く太鼓や拍子木の音には、どこか懐かしい気分を誘われる。

【詳細】
■「京都・嵐山花灯路-2017」
開催期間:2017年12月8日(金)〜12月17日(日)※雨天決行
開催時間:17:00〜20:30
開催場所:嵯峨・嵐山地域(中之島公園から渡月橋を渡り、天竜寺周辺を通る嵯峨野散策路とその周辺の寺院・神社等)

■「京都・東山花灯路-2018」
開催期間:2018年3月9日(金)〜3月18日(日)※雨天決行
開催時間:18:00〜21:30
開催場所:東山地域(北は青蓮寺から円山公園、八坂神社を通って、南は清水寺まで東山散策路と周辺寺院、神社等)

【問い合わせ先】
京都・花灯路推進協議会事務局
TEL:075-212-8173
※平日10:00〜18:00

写真提供:京都・花灯路推進協議会


[写真付きで読む]「京都・花灯路」嵐山&東山で開催 - 渡月橋や竹林の小径をライトアップ

外部サイト

  • 「イタリアフェア2017」阪急うめだ本店で、職人の技に纏わるアクセサリーから、雑貨、スイーツまで
  • 石川・白米千枚田のイルミネーション「あぜのきらめき」日本の原風景が2万個のLEDで彩られる
  • アクアシティお台場のクリスマス - 雪の結晶が踊るスケートリンクや、夜景と楽しむイルミネーション