海外移住経験者、6割は再びしたくない 移住の際の不安1位は「収入」

写真拡大

 憧れるけれど、実際はどうなのか?不動産関連の比較査定サイト「スマイスター」を運営するシースタイルは、国土交通省が定めた毎年10月の「住生活月間」に合わせて、20代以上の男女全国スマイスター利用者439人を対象に海外移住についての調査を行った。

【こちらも】注目集まる地方移住 都内在住の2人に1人が関心あり

 サイト利用者に「海外移住したことはあるか」と質問すると、「はい」(13.4%)、「いいえ」(86.6%)となった。圧倒的に海外移住者は少なかった。はいと答えた人に「どこの国へ移住したか」を質問。最も多かったのは「アメリカ本土」(37.3%)、「フィリピン」(13.6%)、「ハワイ」「中国本土」「イギリス」「シンガポール」各8.5%だった。

 「海外移住した理由」も聞いたところ、最も多いのは「転勤」(47.5%)で、「留学」(30.5%)、「趣味を楽しむ」(10.2%)、「遊学」「配偶者・パートナーの出身地」「好きな場所に住む」「生活の利便性・快適性を考えて」「その国で仕事がしたかった」各8.5%と続いた。

 さらには「将来、また海外移住したいか」を尋ねると「はい」(36.9%)、「いいえ」(63.1%)だった。「どこの国へ移住したいか」を聞いたところ、最も人気だったのは「ハワイ」(24.1%)となり、「マレーシア」(13.0%)、「オーストラリア」「タイ」(各8.0%)だった。生活コストが安く、老後移住に人気なのがマレーシアのようだ。

 海外移住する際に不安なことはあるか?という質問には、「はい」(61.1%)、「いいえ」(38.9%)。海外移住する際に不安という人は約6割いるようだが、不安理由を挙げてもらうと第1位は「収入」(59.6%)、第2位「言葉」(56.6%)、「仕事」(47.5%)、「治安」(45.4%)、「移住費用」(44.4%)だった。

 最後に現在の住居形態を聞くと、「持ち家」(67.9%)、「賃貸」(23.5%)、「親や親族との同居」(5.6%)、「官舎・社宅・寮」(3.1%)だった。持ち家の人に「海外移住する時、自宅はどうするか?」を質問すると、最も多かったのは「売却する」(36.4%)、続いて、「子どもが住む」(28.2%)、「賃貸に出す」(18.2%)となり、半数以上の人が売却や賃貸で自宅をお金に換えたいと思っていることが分かった。

 海外で暮らしたい、働きたいという気持ちはあっても、実際移住経験者の意見を聞くと、日本と異なる環境で暮らすことはそう楽ではないという。例えば、文化、習慣、言語、風景、気候など、日本とは異なることだらけ。海外移住を謳歌している人を観察・分析すると、現地の文化や習慣を積極的に学ぼうとする姿勢、つまり『好奇心』と郷に入れば郷に従えという『柔軟性』を持っている人が、楽しくやっていくコツのようだ。