貸した高級クラブが曲がって返ってきたら?

写真拡大

 ゴルフというのはとにかくお金がかかるもの。パターなどは数百万円もする骨董品のような品も存在するが、貸した高級クラブが曲がって返却された場合、きっちりと適正な弁償を求めることはできるのか? 弁護士の竹下正己氏が回答する。

【相談】
 知人女性に旦那さんが接待ゴルフに行くので、見栄も張りたいから私の高級ゴルフセットを貸してほしいと頼まれました。しかし、返却されたドライバーが曲がっており、彼女に弁償を求めると「そんなに高級なら借りなければよかった。半額しか払えない」というのです。彼女の主張は正しいのでしょうか。

【回答】
 知人女性の言い分は通用しません。ゴルフクラブを貸した行為は動産の貸与ですが、タダで使うことを認めたので使用貸借になります。使用貸借の借主は民法594条により、「契約又はその目的物の性質によって定まった用法に従い、その物の使用及び収益をしなければならない」とされています。

 借主は借り受けたゴルフクラブの保管者として善良なる管理者の注意義務をもってこれを保管し、ゴルフクラブをその定まった用法である、ボールを打つことに使用しなければならないのです。ゴルフクラブが曲がったのがプレー中のことであれば、知人女性の旦那さんはボール以外の地面か樹の根で強打したのだと思います。これではゴルフクラブの定まった用法に従った使用とはいえません。

 ビギナーであっても、クラブの用法に違いはありません。そのため用法違反になります。もし、プレー以外の機会に曲げたとすれば、保管に過失がなかったことを旦那さん側が立証する必要があります。

 知人女性は高価品を貸したのが悪いといわんばかりですが、これも通用しません。運送業者や倉庫業者などが顧客から預かった品物を破損したり、紛失したりした場合、品物が高価品であっても特にその告知がなければ、通常程度の物として賠償すれば足りますが、これは多くの客から沢山の品物を預かる営業の性格上、法律で特に定められているものです。

 このゴルフクラブの貸借は個人間の友誼に基づくもので、こうした特別な規定の適用はありません。また、ゴルフクラブは元々安価なものでありませんし、そもそも旦那さんは見栄っ張りであるために高価なあなたのゴルフクラブを使いたがったのです。あなたがわざわざ高価ですよ、という必要はないのであり、過失相殺されるような落ち度はないと思います。

【弁護士プロフィール】竹下正己(たけした・まさみ):1946年、大阪生まれ。東京大学法学部卒業。1971年、弁護士登録。

※週刊ポスト2017年11月10日号