昨年の冬に登場し、テープを引っ張るだけでラベルがリボンになるアイデアが「考えた人、天才」とネットで話題になった『コカ・コーラ』のリボンボトル。

【クリスマス】「考えた人、天才」とネットで話題の『コカ・コーラ』リボンボトルはいかにして生まれたのか
http://getnews.jp/archives/1574419

今年は赤の『コカ・コーラ』、黒の『コカ・コーラ ゼロ』に加えて、ゴールドの『コカ・コーラ ゼロカフェイン』の3種類で10月30日から期間限定で発売。日本コカ・コーラさんから編集部に届けていただきました。

ラベルをクルリとはがすと、ラベル裏側にもリボンのデザインがプリントされています。

ボトルに接着されたラベルの左端にあるテープを引っ張ると、リボンのできあがり。

2017年は3種類で登場! 『コカ・コーラ』のリボンボトル(YouTube)
https://youtu.be/FD-8mcugNY4

『instagram』では早速、「#リボンボトル」「#リボンボトルチャレンジ」などのハッシュタグで写真や動画が投稿されています。

#リボンボトル • Instagram写真と動画
#リボンボトルチャレンジ • Instagram写真と動画

今年は、テープ部分に当たりくじが付く企画も実施。「アタリ」の文字と番号が出たら、人気パティシエの辻口博啓氏が監修した『ハーフ&ハーフ』ケーキをもれなくプレゼント。『じっくり焼き上げたやさしい甘さのバウムクーヘン』『3種のチョコを使ったチョコレートケーキ』『チーズ風味が口に広がるしっとしチーズケーキ』の3種類から選んだ2種類をハーフ&ハーフにして、家族やパーティーにちょうどいい5号サイズ(約4〜6人分)で届けてくれるそうです。

どんなケーキなんだろう……と思っていたら、日本コカ・コーラさんから編集部にケーキも届きました! なんとガジェット通信のロゴ入りのサプライズケーキ。当選者と同じく、開けるとリボンが飛び出すリボンボックスに入っています。

ケーキはリボンボトルの『コカ・コーラ』片手に、編集部スタッフがおいしくいただきました。ありがとうございました!

日本コカ・コーラ公式サイト:
http://www.cocacola.jp/

※キャプチャー画像は『Instagram』より引用

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』