前田敦子、島崎遥香、川栄李奈…10月期ドラマに元AKBが大活躍

写真拡大

映画・ドラマ・舞台を問わず立て続けに出演作が続く川栄李奈をはじめ、AKB48を卒業したメンバーの“女優”としての活躍がめざましい。2017年10月クールのドラマにおいても、かつてのセンター・前田敦子、そしてアイドルにもかかわらず“塩対応”と話題となった島崎遥香が重要な役どころで出演中だ。

■あっちゃんが元グラドル新人議員に
篠原涼子主演の月9ドラマ『民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜』(フジテレビ系)。篠原演じる“新米ママさん市議会議員”佐藤智子が、声なき市民と向き合いながら、市政にはびこる悪や社会で起きている問題を、一般目線・女性目線でぶった斬る、痛快かつ爽快な市政エンターテインメントだ。

前田が演じているのは、元グラビアアイドルの市議会新人議員・小出未亜。市議会のドン・犬崎(古田新太)の勧めで政界の世界へ。元グラドルだけあって、SNSを得意としている、という役どころ。劇中では、ピンクののぼり旗にピンクのたすきを掛け、胸元でハートマークを作ったり、片足をあげてぶりっ子ポーズをとったり、“アイドル”のようなアピールを繰り広げている。

また前田は、本作のスピンオフドラマ『片想いの敵』(全5話)で主役を担当。このスピンオフでは、未亜の過去、エピソード0(アイドル時代)や、アフター5(主に過去の恋愛)を浮き彫りにし、彼女のちょっと変わった恋愛遍歴が描かれている。

■ぱるるはハッカー役で武井咲を脅迫
島崎が出演しているのは、ディーン・フジオカと武井咲がW主演を務めるドラマ『今からあなたを脅迫します』(日本テレビ系、毎週日曜22:30〜)。藤石波矢による同名小説シリーズが原作となっており、「脅迫という“悪”で人を救う」というダークヒーロー・千川完二(ディーン)と、変人級の「善人&お人よし」で少しの悪でも見過ごせない上に「困っている人がいるなら、誰であっても放っておけません!」と、赤の他人のピンチにいつも首をつっこむヒロイン・金坂澪(武井)が繰り広げる“脅迫エンターテインメント”だ。最後にはなぜか人が救われていくクライム・ミステリーが、ポップに描かれている。

島崎演じる「探り屋」の栃乙女(とちおとめ)は、凄腕ギャルハッカー。千川率いる「脅迫屋」に所属し、毎回“超技術”でターゲットを追い詰めている。

■けやき坂46もテレ東で初主演
48グループではないが、同じ秋元康がプロデュースする坂道グループについても紹介。欅坂46内にあるグループ・けやき坂46(通称:ひらがなけやき)が初主演を務める『Re:Mind(リマインド)』(テレビ東京系、毎週木曜25:00〜)は、密室サスペンスドラマ。主要メンバーである長濱ねるが体調を考慮し、急きょ出演を見送るというハプニングもあったが、演技初挑戦というメンバーたちがどんな初々しい演技を見せるのか、注目を集めている。

その他にも、綾野剛主演『コウノドリ』(TBS系)の第3話には川栄李奈が出演し、初共演であるゴールデンボンバーの喜矢武豊と夫婦役を演じたことで注目を集めたほか、三浦春馬主演『オトナ高校』(テレビ朝日系)の第3話には元SKE48の松井玲奈がゲスト出演。三浦演じる英人の小学生時代の「天敵」で、彼の背中をコンパスで突くなどの“ドS行為”がネット上で話題となった。