なぜ茶道の祖・千利休は「自刃」したのか

写真拡大

「千利休は自刃せずに生きていた」という新説が話題を集めている。たしかに当時の記録は錯綜しており、秀吉も「切腹の翌年」に「利休の茶を飲んだ」と書き残している。だが大日本茶道学会の田中仙堂会長は「自刃したからこそ、千利休は創始者になれた」と反論する。どういうことなのか――。

■なぜ利休の切腹は歴史の定説なのか

今年、「茶道の創始者である千利休は自刃せずに生きていた」という新説がテレビでも取り上げられ、注目を集めている。文教大学の中村修也教授が『利休切腹』(洋泉社)で示したもので、利休が自刃したとされる年の翌年に、秀吉が、「きのふ(昨日)りきう(利休)の茶にて御せん(膳)もあがり」と書いてあることが根拠になっている。

利休が、天正19(1591)年2月28日に切腹したとのうわさは、奈良興福寺の僧侶たちが書き残した『多門院日記』に記されている。しかし、『多門院日記』には、「利休が高野山に追放された」という矛盾する情報も記載している。興福寺に伝えられた情報は錯綜していたようなのだ。一方、北野神社の記録である『北野社家日記』には、利休が成敗されたとある。首をはねられても成敗である。つまり、同時代の記録を精査すると利休が切腹したかどうかは怪しいと文句がつけられる状態なのである。

では、なぜ利休の切腹は歴史の定説となっているのだろうか。強い根拠となっているのは千家が所蔵する『千利休由緒書』という史料だ。千家四代江岑宗左が、出仕していた紀州徳川家の命により差し出したものである。ここでは利休の切腹の場面について、当時の天候や警護の様子まで描かれている。後世の歴史書も、この史料を援用しているため、利休がその日に切腹したという認識は、強固に形成されていったのである。

■利休の罪状は、言いがかりに思える

もちろん、同時代の寺社の記録と、利休没後、曾孫の世代になってから紀州家に提出された説明文書である『千利休由緒書』を史料として同じ重みづけで扱うことはできない。ご先祖様の武功話が脚色されることを常と思えば、利休が見事に自刃して果てたというイメージは、徳川政権に、祖先を立派な存在として報告する中で強調されたのではないか、と勘ぐることもできるだろう。

しかし、百歩譲って、利休が切腹していないとしても、利休が秀吉の信頼を失って失脚したことは確かなことだ。

なぜ、利休は失脚したのか、当時の記録には、大徳寺の山門に雪駄を履いた自身の木像を置かせたこと、茶道具などの売買で不当な高値を付けたこと、などが挙げられている。

大徳寺の山門に利休像が安置されたのは、利休が切腹した2年前のことで、なぜ今になってとの感がある。また商人が取引において利益を得ることに文句をつけるのは筋が悪い。つまり、同時代の記録に記される利休の罪状は、言いがかりに思えてしまう。

利休の失脚の原因は、「秀吉政権の権力争い」という朝尾友弘説が有力で、それをさらに補充する研究も出版されている(生形貴重『利休の生涯と伊達政宗』河原書房)。私も歴史社会学を標榜する研究者としては、その通りだと思う。

■「切腹」は単なる自殺とは違う

しかし、茶人としては、「茶聖」たる利休を、秀吉政権内の権力争いのみで失脚させてしまっては申し訳ないというか、物足りないという気持ちを持ってしまうことを正直に告白したい。

切腹という言葉にこだわったのは、単なる自殺とは違うからだ。東京大学の山本博文教授は、著書『武士はなぜ腹を切るのか』(幻冬舎)で、「切腹とは、自ら腹をかっさばくことで無実を主張したり、汚名をそいだり、責任を取ったりする行為で、武士のみに許された名誉の死なのである。なぜ腹を切るのかというと、腹黒くないことや何も隠していないことを証明するという意味かと思います。根本的に、自殺とは違います」と説明している。

切腹には名誉の死を遂げたというイメージがある。それに加えて、無実を主張するというニュアンスがある。

『利休由緒書』には、「利休めはとかく果報のものぞかし 菅丞相になるとおもへば」との利休の辞世も紹介されている。菅丞相とは、菅原道真のこと。讒言によって大宰府に左遷されて非業の死をとげた道真は、天満宮に祭られる神様となった。日本人の古いメンタリティとしては、非業の死を遂げた魂は、荒ぶる神となってこの世に禍をもたらすので、神様としてお祭りしてその魂を鎮めなければならない。利休のこの辞世は、利休が非業の死を遂げ、後の人によってあがめられる可能性を示唆しているようだ。

一方、日本人は、ひとたび神様になっていただいたらば、いろいろお願いをするずうずうしい存在である。天満宮には、受験成就をはじめいろいろな願い事が現在でも寄せられ続けている。われわれ茶人は何か迷うと、「利休居士ならばどうしたのであろうか?」と利休の在り方を手本にしようとしている。日本では古来、神様とは公的な存在、仏様とは私的な存在として言葉が使い分けられてきた。利休居士が神様にまで格上げされていないのは、利休居士にどうしたよいかとお願いする人々がまだ、茶人に限られているからであろう。

■茶道が宗教であることの証明

現代における茶道のイメージは、岡倉天心の『茶の本』の影響を強く受けている。『茶の本』は、利休の切腹で締めくくられている。利休が切腹したとの現代人の信念、あるいは、今さら利休が切腹していないと言われても困るという気持ちを強化しているのは、『茶の本』ではないだろうか?

『茶の本』で、天心は、茶道が単なる儀式ではなく、哲学であり、人間がその死をかけて贖う足る信念体系という意味で宗教だと主張している。だからこそ『茶の本』では、茶道が宗教であることの証明として殉教者利休の死を最後に配置しているのだ。

無実の罪を着せられて、それを甘んじて受け入れて、最後の茶会を行ってから切腹をする利休の様子は、毒杯を仰ぐソクラテス、最後の晩餐を行ったイエス・キリストを連想させる。

西洋哲学の創始者ソクラテス、キリスト教の創始者イエス・キリストは、ともに自己の信念を貫いて非業の死を迎えることによって、それぞれの創始者たる資格を得た。

「美しいもの共に生きた人だけが美しく死ぬことができる」と述べた天心は、茶道の創始者たる利休も、非業の死をとげたのだ、と西洋人に主張しているように思える。

茶道創始者はなぜ、“自刃”したのか、との質問には、利休は“自刃”したから創始者になったのだと答えたのでは、答えとして認めてもらえないだろうか。

----------

田中 仙堂(たなか・せんどう)
大日本茶道学会会長。1958年、東京都生まれ。本名・秀隆(ひでたか)。東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得。現在、大日本茶道学会会長。前会長で学術文庫『茶道の美学』の著者、田中仙翁は父。『茶道改良論』の田中仙樵は曽祖父。日大芸術学部、慶応義塾大学、東京大学、お茶の水女子大学、学習院女子大学、青山学院大学の非常勤講師を歴任。近年、「お茶からつながる和の世界」を提唱し、日本文化の広がりを、茶道を通じて感じてもらう活動を展開している。主な著書に『岡倉天心「茶の本」をよむ』『茶の湯名言集』、『近代茶道の歴史社会学』、『お茶はあこがれ』ほかがある。

----------

(大日本茶道学会会長 田中 仙堂)