車を運転していた22歳女性(画像は『Mirror 2017年10月29日付「Suicidal 12-year-old boy kills young woman after jumping 30ft from overpass and landing on her car」』のスクリーンショット)

写真拡大

今月28日の午後4時18分頃、米バージニア州フェアファックス郡を走る州間高速道路66号線(I-66)に架かる高さ約9メートルの歩道橋から、12歳の少年が飛び降りた。少年は歩道橋の下を走っていた車に転落し、この車を運転していた22歳の女性が死亡した。『Fox News』『Washington Post』など複数のメディアが伝えている。

事故当時、車を運転していたのはメリーランド州オルニー出身のマリッサ・ハリスさん(22歳)で、少年が落下した衝撃で即死だった。車は2005年製フォード・エスケープで、助手席にいたボーイフレンド(23歳)が事故直後にハンドルを握り、路肩にあるコンクリートの防護壁にぶつかって停止した。ボーイフレンドに怪我はなかったが、飛び降りた少年はアナンデールにあるイノヴァ・フェアファックス病院に搬送され、現在も予断を許さない状態が続いている。

警察は少年が自殺を図ったものとみて調査を進めているが、動機は明らかになっていない。

皮肉なことにハリスさんは、バージニア州メアリーマウントの大学院でクリニカルカウンセリングを専攻しており、ゆくゆくは心の悩みを抱え問題行動を起こす子供たちをサポートしたいと意欲を燃やしていたそうだ。

ハリスさんの母親は「娘は子供が大好きでした。あの子が少年を救えたかもしれないのに…」と声を詰まらせた。

「アメリカ疾病管理予防センター(Centers for Disease Control and Prevention)」によると、米国内では1999年から2015年の間に5歳から12歳までの子供、1309人が自殺しており、このうち12歳は711人にも上るという。

画像は『Mirror 2017年10月29日付「Suicidal 12-year-old boy kills young woman after jumping 30ft from overpass and landing on her car」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)