日米韓の防衛担当高官が協議、北朝鮮に挑発停止呼び掛け

写真拡大

[ソウル 30日 ロイター] - 日米韓3カ国の防衛担当高官は29日、北朝鮮による長距離弾道ミサイル発射や核実験について協議し、北朝鮮に対して兵器開発という「破壊的かつ無謀な道」を放棄するよう求めた。米軍が声明で明らかにした。

日米韓による協議は、ダンフォード米統合参謀本部議長が主催し、米太平洋軍のハワイ司令部で行われた。声明によると「(3カ国は)域内の緊張感を高める無責任な挑発行為を控えるとともに、破壊的かつ無謀な(兵器)開発の道を放棄するよう、北朝鮮に対して呼び掛けた」。