KAKASHI、初の全国流通盤『ONE BY ONE』発売 ゲスト迎えたリリースツアー開催も

写真拡大

 KAKASHIが、初の全国流通盤『ONE BY ONE』を1月10日にリリース。あわせてツアー『本当の事を歌うツアー』の開催も発表された。

参考:BIGMAMA、音楽を信じ続けた10年 “仕掛け尽くし”で迎えた日本武道館公演を観て

 KAKASHIは、群馬で結成された4ピースバンド。同情報は、10月28日に群馬・高崎にて開催した自主企画サーキットイベント『灯火祭 2017』のステージで発表された。

 『ONE BY ONE』は、ライブ会場限定CDとして販売されていた代表曲「ドラマチック」や、フリーサンプラーとして配布していた楽曲「違うんじゃないか」に、新曲6曲を加えた計8曲入りのミニアルバム。奈良・MORGスタジオにて行われた合宿レコーディングを経て、全曲新録による音源が完成した。

 リリースツアー『本当の事を歌うツアー』は、2018年1月21日の東京・SHIBUYA TSUTAYA O-Crest公演を皮切りに、ファイナルとなる5月12日の群馬・高崎clubFLEEZ公演まで、全18公演ゲストを迎えた対バン形式で行われる。

 さらに、藤川正典が手がけた新しいアーティストビジュアルと、小笹竜馬が手がけたショートムービーも同時に公開。『ONE BY ONE』の収録曲「本当の事」を使用した映像には、3月31日に東京・SHIBUYA TSUTAYA O-Crestで行われたライブの模様が収められている。なお、同公演は、堀越(Vo/Gt)のポリープ治療による活動休止明け一発目のライブとなる。(リアルサウンド編集部)