三浦春馬&松井玲奈のデートシーンに嫉妬「おっぱい、あたってる?」

写真拡大

SKE48の元メンバー・松井玲奈が、10月28日に放送された『オトナ高校』(テレビ朝日系列、毎週土曜23:05〜)第3話に出演。三浦春馬演じる30歳のエリート童貞・荒川英人とデートするシーンが登場し、2人の密着具合にインターネット上でも注目が集まった。

この作品は、深刻な少子化問題の打開策として政府が設立した公的機関「オトナ高校」を舞台に、異性との性経験がない30歳以上の男女=「やらみそ(=ヤラないまま三十路)」たちが繰り広げる不器用なオトナたちの“学園ドラマ”として、初回から振り切ったエピソードが注目を集めていたが、この第3話もまた飛ばしまくりの内容だった。

前回、オトナ高校から早く卒業した一心で、英人と、常に二番手止まりの処女・園部真希(黒木メイサ)が共謀し、2人で一緒に“卒業条件”である“童貞・処女の卒業”を果たしたと、真っ赤な嘘を。しかし、まんまと見破られた上に、罰として学級委員という名の雑用係に任命され、再びオトナ高校で“卒業”を目指して学びことに……。

今回、オトナ高校では、新たな体験実習を導入することになった。それは、生徒たちに恋人代行サービスのキャストとなり、手つなぎデートした客のハートを掴み、業務終了後の親密交際に持ち込め、というもの。「こんなサービスを頼むような女はどうせ冴えない輩に違いない」とたかをくくりながらも、英人は55歳の童貞部長・権田勘助(高橋克実)、モテモテなのになぜか童貞の川本・カルロス・有(夕輝壽太)とともに、客との待ち合わせ場所へ。

ところが、そこに現れたのは爽やかでイイ感じの女子3人。しかも、英人を指名した相手は、小学校時代の同級生・中山遥香(松井玲奈)で、運命ともいうべき18年ぶりの再会だったが、実はこの遥香、小学校時代はコンパスで英人の背中をつついていた、英人の天敵だった。当時、カロリー過多で「どすこい君」というあだ名を付けられ、友達もいなかった……という消したい過去をサラリと暴露され、愕然とする英人だったが、成長した2人は徐々にいい雰囲気になっていった。

英人たちは宿題として、異性を動物園デートに誘い、レポートを書くよう命じられた。権田と川本に焚きつけられた英人は、遥香を誘ったが、英人が武器とする知性で予期できる範囲など軽〜く超えた方向から、猛烈な横やりが次々と入り……という展開だった。

特に、三浦と松井の動物園でのデートシーンでは、手繋ぎも“恋人繋ぎ”にレベルアップし、より親密な関係に……。そんな2人のラブラブデートシーンに、ネット上では「春馬くんと恋人繋ぎ&腕組み羨ましい!」「玲奈さんと恋人繋ぎしたい!」「恋人繋ぎ、きたぁ!」「おっぱい、あたってる?」という声が。さらに、「僕、童貞なんです!」(三浦)、「平気だよ、私が教えてあげる……」(松井)というやり取りが登場すると、「やばい! 教えてもらいたい!」「台詞、ヤバすぎというか……最高です!」「何教えてもらうんですか!」と再び盛り上がりを見せていた。