山崎賢人&広瀬アリス出会いのシーンや本郷奏多が絶叫する姿も 映画『氷菓』メイキング映像

写真拡大

 11月3日に公開される山崎賢人&広瀬アリス主演映画『氷菓』のメイキング映像が公開された。

動画はこちら

 本作は、累計発行部数230万部を超える米澤穂信による学園ミステリー小説〈古典部〉シリーズを実写化した青春学園エンタテインメント。“省エネ主義”の折木奉太郎と好奇心のかたまりのような千反田えるら神谷山高校新生古典部が、33年前に起きたある事件の謎を解き明かすため奮闘する模様を描く。折木奉太郎役を山崎、千反田える役を広瀬がそれぞれ演じるほか、小島藤子、岡山天音、本郷奏多らが出演。『劇場版 零〜ゼロ〜』の安里麻里監督がメガホンを取った。

 このたび公開されたのは、キャスト陣の貴重な撮影風景を収めたメイキング映像。映像は、山崎演じる奉太郎と広瀬演じるえるが古典部の部室で初めて出会う印象的なシーンから始まる。図書室で古典部メンバーが集結し、えるの叔父の秘密を推理する場面では、撮影前に仲良く談笑していた4人が、監督の「テスト!」の一声で一気に真剣な表情に。また、物語最大の謎、えるの叔父の高校生時代役を演じる本郷が、絶叫&アクションを披露する場面も収められている。これは、カメラがキャストの周りを360度回転するという、安里監督独特の撮影方法で撮影され、奉太郎が推理するシーンなど随所で取り入れられた。撮影中は、キャスト陣の細かいアイディアも積極的に採用され、奉太郎が推理する場面で、部室のテーブルの上のものを全て払い、バーンと引っ剥がす動きは山崎自身が演出したという。(リアルサウンド編集部)

※山崎賢人の「崎」は「たつさき」が正式表記