超特急、アリーナツアーのテーマソング解禁 メンバーによるツアー演出も

写真拡大

 超特急の年末年始に開催するグループ史上初となるアリーナツアー【BULLET TRAIN ARENA TOUR 2017-2018 the end for beginning】のテーマソングが解禁となった。

 チケットが秒速完売となった本公演は、幕張メッセイベントホール、横浜アリーナ、日本ガイシホール、大阪城ホールで開催され、4都市5公演で5万人を動員。

 今回、5号車ユーキがステージングを含めた総合演出を手がける他、他のメンバーもそれぞれツアー演出に一役買うことも決定。1号車コーイチが担当するのはテーマソングの歌詞。超特急メンバーの今の想いを胸に、12月27日、30日、1月6日の年末年始公演のテーマソングとなる「the end for beginning」の作詞に参加。その楽曲のティザー映像も解禁された(https://youtu.be/WX1FllxKZ58)。

 2017年にCDデビュー5周年という節目を迎えた超特急が一人一役を担い、全力で取り組むアリーナツアーで何を見せてくれるのか、どんな演出にメンバーも携わるのか。また12月24日、25日のクリスマス公演のテーマソングは追って発表される予定。

 チケット完売に伴い、ツアーFINALとなる1月6日大阪城ホール公演は、急遽本日18時から立ち見チケットの販売も決定している。


◎公演情報
【BULLET TRAIN ARENA TOUR 2017-2018
the end for beginning】
12月24日(日) 千葉・幕張メッセイベントホール
12月25日(月) 千葉・幕張メッセイベントホール 
12月27日(水) 神奈川・横浜アリーナ 
12月30日(土) 愛知・日本ガイシホール 
1月6日(土) 大阪・大阪城ホール 
※全公演SOLD OUT
チケット:大阪城ホール公演立ち見10月29日(日)18:00〜
特設サイト:http://bullettrain.jp/tour2017-2018/