J1 第31節のベストイレブン

写真拡大

 フットボールチャンネル編集部では、10月29日行われた明治安田生命J1リーグ第31節のベストイレブンを選出した。

 J1残留が絶望的な状況となりながら、土壇場のゴールでサガン鳥栖に競り勝って望みをつないだアルビレックス新潟からは、好セーブ連発で最後の砦となったGK大谷幸輝と、決勝ゴールだけでなく守備でも獅子奮迅の活躍を見せたDF小泉慶を選出した。

 ピッチがまるで田んぼのようになっていた過酷な環境で横浜F・マリノスから勝利をもぎ取ったジュビロ磐田からは、万全でないながらも2ゴールを挙げたFW川又堅碁をベストイレブンに、流れを引き寄せる選手交代が光った名波浩監督を最優秀監督に選んでいる。

 大雨の影響で開始が遅れた柏レイソル対川崎フロンターレからは、両チーム1人ずつ。前者からは中盤で淡々とボールを刈り取り続けたいぶし銀のベテランMF栗澤僚一を、後者からは2アシストでチームをドローに導いたDF車屋紳太郎をピックアップした。

 他には古巣ヴァンフォーレ甲府から2ゴールを奪ってヴィッセル神戸の勝利に貢献したFWハーフナー・マイクや、魂のこもった守備で清水エスパルスの攻撃をゼロに抑えたFC東京のDF徳永悠平、好調を維持し今節では決勝点で日本代表入りに向けてアピールした浦和レッズのMF長澤和輝らをベストイレブンに選出している。
 
 フットボールチャンネル編集部が選んだ明治安田生命J1リーグ第31節のベストイレブンと最優秀監督は以下のとおり。

▽GK
大谷幸輝(新潟)

▽DF
小泉慶(新潟)
徳永悠平(FC東京)
阿部勇樹(浦和)
車屋紳太郎(川崎F)

▽MF
栗澤僚一(柏)
長澤和輝(浦和)
ソウザ(C大阪)

▽FW
金崎夢生(鹿島)
川又堅碁(磐田)
ハーフナー・マイク(神戸)

▽最優秀監督
名波浩(磐田)

明治安田生命J1リーグ第31節全試合の結果は以下のとおり。

新潟 1-0 鳥栖
磐田 2-1 横浜FM
柏 2-2 川崎F
甲府 2-3 神戸
G大阪 1-1 仙台
C大阪 2-1 大宮
広島 0-1 浦和
札幌 1-2 鹿島
FC東京 0-0 清水

text by 編集部