終電を逃した!並ばずにタクシーに乗る方法

写真拡大

飲み会やデートなどで盛り上がりすぎ、終電を逃した経験はないだろうか。かく言う筆者も経験者のひとり……タクシーを拾って早く帰りたいと思っても、タクシー乗り場は長蛇の列だったりする。そんなとき、効率よくタクシーを拾う方法を誰もが知りたいと思うだろう。そこで今回、個人タクシーの協同組合である日個連東京都営業協同組合の総務担当副理事長に、並ばずにタクシーに乗る方法はないか聞いてみた。

■空車のタクシーが進入してくる道まで歩いていけば……

タクシー待ちの列を回避し、スムーズにタクシーに乗る方法はあるのだろうか。

「早くタクシーに乗りたいお客様は、駅や繁華街から空車を求めて、外周部の道路に移動していきます。タクシーは乗車申し込み、すなわち手を挙げる順にお乗せすることになっておりますので、どうしても外周部に出てきているお客様を先にお乗せする結果となっております。ただし、駅の乗り場から近い場所で、タクシーが止まってくれるかどうかは運転手の判断によります」(日個連)

あまりにも乗り場に近い場所で手を挙げても、乗り場で待っている人の手前、止まってもらえない可能性が高い。しかし、東京などの大都市では、駅から500mも歩けば幹線道路があることが多いため、そこまで歩いて空車のタクシーに手を挙げれば、基本的には止まってくれるとのこと。

■ホテルのタクシー乗り場は穴場なのか?

しかし、寒い季節に、長距離を歩くのも大変だ。駅以外でさほど並ばずに乗れる穴場はないだろうか。

「東京のタクシーは依然として供給過剰が続いておりますので、どんなに忙しい日でもピークの時間は20分間位です。しばらくすると、駅の乗り場や繁華街にも空車が集まって『客待ち』状態になります。ただし、忘年会シーズンや連休前のいわゆる『特異日』が年に何回かあり、対応しきれない時間帯があります。繁忙期に関しては、駅だけでなく、ホテルの乗り場にもお客様が溢れていますので、他の乗り場でも混雑は同じです」(日個連)

繁忙期は、どこのタクシー乗り場も混雑している。ピーク時間をあらかじめ予想し、避けて乗るのが無難であろう。

■配車アプリの活用が有効

新宿や渋谷などの繁華街であれば、乗り場から離れたところでタクシーをつかまえられそうだが、地方都市や郊外などの場合はどうだろう。下手に駅から離れるより、地道に並んだほうがよい場合もあるだろうか。

「地方や郊外のお店の多くは、タクシー業者と連携しています。電話をして配車してもらうシステムができあがっているのです。また、最近は、スマホの配車アプリを使えば、ほとんどの会社のタクシーを呼ぶこともできます。GPS機能で、自分が呼んだ車の現在地なども把握できますので、あとどれくらいで辿り着くのか分かり便利です。若い人を中心に、使う人が増えている印象です。ただし、会社によって料金の違いがあり、どちらの場合も若干の迎車料金が発生することがあります」(日個連)

最近話題の配車サービスUber(ウーバー)の利用には、クレジットカードの登録が必要である。しかし、電話や配車アプリの配車なら、カード決済以外の支払いができるので、クレジットカード登録に抵抗がある人でも活用できそうだ。

どうやら電話や配車アプリを上手く活用すれば、駅のタクシー乗り場に並ばなくても、タクシーにいち早く乗ることができそうだ。飲み会やイベントの前に、あらかじめ調べて準備しておくとよいだろう。

「教えて!goo」では、「終電を逃した場合、あなたならどうしますか?」ということで、みんなの意見を紹介している。こちらもよかったら参考に。

●専門家プロフィール:日個連東京都営業協同組合
東京都23区および武蔵野市、三鷹市の個人タクシーによる組合。無線や配車、クレジット決済など、さまざまな事業を実施。また、全国の各地方組織と連携し、東京で発行しているチケットで各地方組織に所属している個人タクシーを利用できるよう調整も行っている。

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)