目指せ「美容室ジプシー」からの脱却!行きつけの美容室を持つことのメリットとは?

写真拡大 (全6枚)

「美容室ジプシー」という言葉をご存知でしょうか。これは、通う美容室が決まっていない人……つまり、行きつけの美容室がない人のことを指します。

筆者もつい最近、この美容室ジプシーになったばかり。なんと、長年通っていた美容室が閉店してしまい、自動的にジプシー状態になってしまったのです。知らない美容室に入るのは中々勇気がいるもので、現在髪は伸びホーダイ。一刻も早くどうにかしたいところです。

 

 さて、美容室向けヘア化粧品の国内最大手、株式会社ミルボンによる「“ヘアスタイルと美容師”に関する実態調査」によれば、行きつけの美容室がある女性は61.4%になるそう。では、特定の美容室に通い続けると、どんなメリットがあるのでしょうか。

髪を切った後の感想がポジティブに
 

この調査によれば、行きつけの美容室や担当の美容師がいる人は、美容室ジプシーの人に比べ「スッキリした」「気分が明るくなった」など、髪を切った後にポジティブな感想を持つことが多いようです。
 

そして、パーマやカラー後にも、同じような傾向が見られたようです。とくにカラー後の「気分が明るくなった」は顕著。行きつけがある人と美容室ジプシーの人では、17%も差が出ています。

髪型を提案してくれる

また、特定の美容室に通っていると、美容師さんのほうから髪型を提案してくれる機会も増えてきます。髪質や頭の形をすでに理解してくれているので、似合う髪型が想像しやすいのでしょう。信頼関係も出来ており、美容師さんから提案された髪型へのチャレンジにも積極的になるようです。

逆に髪型を変えたくない場合は「いつもの感じで」の一言で伝えられるのも、行きつけならではのメリットと言えるでしょう。

周囲の反応も良くなる
 

そして、自分の感想だけでなく、周囲の反応が良くなることも多いようです。「普段と変わらない」のも悪いことではありませんが、せっかくなら「良い」「まぁまぁ良い」という反応をいただきたいもの。行きつけを作ることが、キレイになるための近道と言えそうです。

「いっそのこと一生セルフカットで……」とすら考えた筆者も、今回の調査結果を見て、新たな行きつけを探すことを決意。行きつけの美容室がないという皆さんも、これを機に美容室ジプシーからの脱却を目指してみてはいかがでしょうか。

【調査概要】
“ヘアスタイルと美容師”に関する実態調査
調査方法:インターネット調査
調査対象:全国の20代〜30代女性 601名