29日付の北朝鮮の各紙は、同国に対して日米とともに軍事的な圧力を加える韓国を糾弾する署名入りの論評を掲載した。

朝鮮労働党機関紙・労働新聞は、韓国が「米国の核戦略爆撃機B-1Bをソウルの上空に引き込んで低空飛行をさせながら極度の戦争狂気を振るった」「朝鮮半島周辺水域で米国、日本と共にミサイル警報訓練なるものをまたもや行った」と指摘した。

こうした動きに対して、「緊張した朝鮮半島と地域の情勢をより激化させる故意的な行為である」と糾弾した。

また、「米国の核戦略資産に対する誇大妄想に陥ったかいらいが上司を後ろ盾にして北侵戦争挑発策動に狂奔するほど、哀れな植民地手先としての自分らの脆弱さと醜いざまをいっそうさらけ出すだけである」と述べた。

内閣機関紙・民主朝鮮は「南朝鮮のかいらいこそ外部勢力と共に朝鮮半島の平和と安全を蹂躙、破壊する主犯、同族をあくまでも害し、全民族の頭上に核惨禍を浴びせかけようと狂奔する間抜けな対決狂信者である」と糾弾した。