ソースに入ったらっきょうの食感がアクセント/調理=村田裕子 撮影=榎本 修

写真拡大

ほかにも「フライ」のレシピをチェック!

冷蔵庫の常連食材・卵。賞味期限は大丈夫ですか。そろそろだから使わなくちゃ、というときにおすすめのおかずです。これまた冷蔵庫で眠っていがちの、らっきょうもソースに役立てましょう。

フライにする食材は帆立貝柱をメインに、サクッふわっとした食感なので、タルタルソースにらっきょうを使って、ポリッとした食感をプラス。「ソースだけおかわり〜!」の声が聞こえてきそうな楽しい一品です。

 

■ 【帆立フライ らっきょうタルタルソース】

<材料・2人分>

帆立貝柱6個、ブロッコリー1/3個、エリンギ大1本、タルタルソース(ゆで卵1個、らっきょうの甘酢漬け5〜6個/約30g、パセリのみじん切り大さじ1/2、マヨネーズ大さじ2)、ころも(小麦粉・溶き卵・パン粉各適宜)、塩、こしょう、揚げ油

<作り方>

1. ブロッコリーは茎の皮を厚めにむいて茎ごと縦4等分に切る。エリンギも縦4等分に切る。タルタルソースを作る。材料のゆで卵、らっきょうはみじん切りにしてボウルに入れ、残りの材料を加えて混ぜ合わせる。塩、こしょう各少々で調味する。

2. 帆立、ブロッコリー、エリンギに塩、こしょう各少々をふり、小麦粉、溶き卵、パン粉の順にころもをつける。

3. 揚げ油を中温(約170℃)に熱し、ブロッコリー、エリンギを入れて2〜3分、きつね色に色づくまで揚げて取り出す。続いて帆立を入れ、同様に3〜4分揚げて取り出す。油をきって器に盛り、1のタルタルソースを添える。

(1人分462kcal、塩分1.9g、調理時間25分)