ヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞 『シェイプ・オブ・ウォーター』来年3月1日公開決定

写真拡大

 ギレルモ・デル・トロ監督最新作“The Shape of Water”が『シェイプ・オブ・ウォーター』の邦題で、2018年3月1日に全国公開されることが決定した。

参考:米ホラー映画は再びエキサイティングな実験場に 『アナベル 死霊人形の誕生』に見る、恐怖の化学式

 本作は、デル・トロ監督が脚本・製作も手掛けた種族を超えたラブストーリー。1962年のアメリカを舞台に、子供の頃のトラウマで声が出せないイライザが、政府の極秘研究所に、秘かに運び込まれた不思議な生きものと出会い、心を奪われていく模様を描く。第74回ヴェネチア国際映画祭にて、最高賞の金獅子賞を獲得した。

 ヒロインのイライザを演じるのは『ブルージャスミン』のサリー・ホーキンス。共演には、『ドリーム』のオクタヴィア・スペンサー、『扉をたたく人』のリチャード・ジェンキンス、マイケル・シャノンらが名を連ねた。さらに『グランド・ブダペスト・ホテル』でオスカーに輝いたアレクサンドル・デスプラが音楽を担当する。(リアルサウンド編集部)