失点直後のゴールに手応え…FW玉田圭司「跳ね返せる力がついてきた」

写真拡大

 2017明治安田生命J2リーグ第39節が29日に行われ、名古屋グランパスとザスパクサツ群馬が対戦した。名古屋は幸先良く先制したものの、後半の早い時間帯に2失点を喫して逆転を許す苦しい展開に。しかし、勝ち越されてから5分後にFW玉田圭司が同点ゴールを決めると終盤に2ゴールを加えて突き放し、4−2というスコアで勝利を飾っている。

 試合後に玉田は「うまく相手をかわせて、GKのタイミングを外して決められました」と同点ゴールを振り返り、嫌なプレーで失点をした直後だっただけに「それ(ミス)を跳ね返せる力が付いてきたのかなと思います」と、チーム全体の反発力の高まりを表現していた。

 強い雨の影響で試合が一時中断するというアクシデントも発生したこの試合。豊富な経験を持つ玉田にとっても今回ばかりは未知の状況だったようで、当時のことを「中断前はボールも見えないぐらいで、経験したことがないような感じでした」と表現し、「1試合を通していろいろありましたけど、いい経験になりました」と語っている。

 今季から名古屋に復帰した玉田選手は、現在のチームを「悪い時間帯になると極端にダメになって、耐えきれずに点を取られてしまう」ものの「2−2になって勢いに乗ると、3点、4点と取れるチーム」と分析しているようで、リードを取った後に「無駄にシュートを打ったりとか、いい切り方をしたりボールを動かしたりとか、そういう賢いプレーがまだ足りないかな」と改善点を口にしている。

 立て続けに2失点を喫した後半の立ち上がりに関しては「人任せにしているところもあった。それがなくなれば点を取れるチームなんだけど」と語りつつ、「成長の余地があるのかなと思います」と前向きに捉えた。

 長丁場となったJ2での戦いも、残すは3試合のみとなった。勝ち点2差に迫っている自動昇格圏への浮上に向け、「次の試合に勝つこと、それだけを考えてやりたい」と意気込みを語っている。