男性のプライドを傷つけるようなことを言う人は、恋愛対象から外れてしまうかもしれません。

むしろ“憎悪”や“敵意”といった感情が芽生えてしまう可能性も……。


出典:https://www.shutterstock.com

そこで今回は、注意しておきたい“男性のプライドをズタズタにするひと言”を紹介します。

 

■「どうせ口だけでしょ」

口ではついえらそうなことを言う男性って、意外と多いかもしれません。“自分を少しでも大きく見せたい”という気持ちが強く、特に女性の前で弱い部分は見せられない……と、つい大きく出てしまうことも。

そこでイラッとして「どうせ口だけでしょ」などと言ってしまうと、男性のプライドを大きく傷つけてしまうでしょう。あなたの前ではかっこよくいたいという気持ちの表れでもあるので、見栄だとわかっていても「すごいね」と男性を立ててあげることをおすすめします。

 

■「私がやるからもういいや」

男性に何かお願いごとをしたときに、頼んだとおりにやってくれなかったとか、思ったよりも進んでいなかったなどでイライラしてしまうこともあるでしょう。そんなときに「もう私がやるからいいや」なんて言ってしまうと、男性のプライドは傷ついてしまうかも。

特に繊細な性格の男性ですと、まるで存在価値を否定されているような気分にも……。人には得意・不得意がありますから、まずはできるまで辛抱強く待ってみたほうがいいかもしれませんね。

 

■「(他の男性の名前)は稼いでるよね」

男性に限らず、他人と比べられるとあまりいい気はしないもの。特にプライドの高い男性に対しては、言ってはいけないひと言です。その男性がさして関心のない分野ならまだしも、仕事の面で「○○さんの方が優れている」と言われるのは屈辱的だと感じることもあるでしょう。

深い意味はなく「○○くんってすごく稼いでるよね」とか「○○ちゃんの彼氏が大出世したらしいよ」なんて言うこともあるかもしれませんが、男性からするとプライドが傷ついてしまう言葉かも。自分がダメだと言われているととらえてしまう可能性もあるので、思っても彼氏や気になる男性には言わないほうが賢明です。

 

■「本当に男らしくない」

「男らしくない」と言われると、男としてのすべてを否定されたかのように感じてしまうかもしれません。自分の存在価値を否定してくるような女性とは、男性だってわかり合えるとは思えないし、信頼関係を築くこともできないと思ってしまうでしょう。

「男らしくない」とか「男のくせに」、「女々しいよね」などといった言葉は、女性が思っている以上に男性の心には深く刺さります。ケンカの勢いで言ってしまいがちな言葉ですが、ふたりの関係に大きな溝を作ってしまう原因にもなりかねません。カッとなってしまったときは、一度冷静になって言葉を発するとよいでしょう。

 

男性は、女性よりもプライドが高い人が多い傾向にあります。女性には理解できないと感じる部分もあるかもしれませんが、うまく男性を立てつつ、プライドを保たせてあげることを心がけてみてくださいね。

【画像】

※ NIKITA TV/shutterstock