岡崎に新ライバル出現 先発抜擢の21歳に識者、元選手も注目「特別な存在になれる」

写真拡大

サイドハーフで先発出場したグレイは今季リーグ戦初ゴールで貴重な追加点

 日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター・シティは、クロード・ピュエル新監督の初陣となった29日のリーグ第10節・エバートン戦で2-0と快勝した。

 この試合で先発に抜擢され、ゴールを決めたU-21イングランド代表MFデマライ・グレイには「光り輝いた」「特別な存在になれる」といった称賛が集まっている。先発落ちとなった岡崎にとって、新体制でまた一人強力なライバルが台頭した。

 レスターはマイケル・アップルトン暫定監督が指揮を執った前節スウォンジー戦(2-1)からスタメンを2人変更。岡崎とMFマーク・オルブライトンが外れ、グレイとU-21イングランド代表DFベン・チルウェルが両サイドハーフに起用された。

 新生レスターは前半18分にグレイのパスを受けたアルジェリア代表MFリヤド・マフレズの右からの折り返しをイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディが押し込んで均衡を破った。同29分には、グレイが左サイドからカットインしてシュート。相手DFのクリアミスも乗じてそのままゴールネットに収まり、貴重な追加点を挙げた。21歳のアタッカーは、今季9試合目の出場でリーグ戦初ゴールとなった。

 2得点に絡んだグレイについて、英衛星放送「スカイ・スポーツ」で解説を務める識者たちから絶賛が集まっている。前クリスタル・パレス監督のアラン・パーデュー氏は「グレイは今日、光り輝いていた」と以前から注目の存在だったと語っている。

アンリ氏やキャラガー氏も高評価

「彼のプレー全てが速く、鋭敏だった。彼は見ているのが楽しい選手だ。監督として以前から見ていた。我々は皆、彼が特別な存在になれると考えているが、残念なことに継続してプレーする機会がなかった」

 グレイはプロデビューを果たしたバーミンガムでブレークし、2016年1月からレスターに加入。世代別のイングランド代表にも名を連ね、ベスト4入りした今年のU-21欧州選手権でも2得点を挙げる活躍を披露した。しかし、レスターでは先発起用の機会は限られ、今夏の移籍も囁かれていた。

 元フランス代表FWティエリー・アンリ氏も「今日はリヤド・マフレズが仕切ると予測していて、彼はアシストでインパクトを残した。だが、それをもたらしたのはグレイの働きだ」とその貢献を称えている。

 ピュエル監督によってこれまで右サイドが定位置だったマフレズが中央で起用され、空いたポジションにグレイが抜擢された。それによってトップ下、あるいは2トップの一角で起用されてきた岡崎がベンチに弾き出された格好だ。元リバプールのDFジェイミー・キャラガー氏も「マフレズがヴァーディの背後でナンバー10として起用されれば、彼は主力になれると考えるだろう」とシステム変更で序列に変化が生まれる可能性を指摘している。

 新体制でまだ1試合が終わった段階とはいえ、若きウインガーは岡崎の強力なライバルとなりそうだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images