画像提供:マイナビニュース

写真拡大

健康増進のためのアイテムは多種多様だ。サイクルマシンのような大掛かりなものから、マッサージ機能付きのクッション、コリをほぐすちょっとしたグッズなどのほか、身につけておくだけでOKな気軽なものなど、巷にたくさんあふれている。そのほか、健康を意識した機能性を持つ食品やドリンクなどもあり、実際に利用している人も多くいるだろう。

多数の種類があるとはいえ、日本国内にあふれている健康系のグッズの大半は、日本人にとっては見慣れたものだ。では、外国人たちの目にはどのように映っているのだろうか。今回は日本在住の外国人20人に「印象に残った日本の健康グッズ」に関するアンケートを実施。どんな点が印象に残ったか、使用した感想なども聞いたので、併せて紹介しよう。

Q. 日本で販売されている健康系グッズの中で、最も印象に残っているものを理由とあわせて教えてください

○マッサージ・フィットネス系

・「腹筋サポート器具。テレビのCMが印象的で購入しました」(タイ/40代前半/男性)

・「乗ってバランスを取るゴムボール。どこでもできるのが良い」(マレーシア/40代前半/男性)

・「ヘルスケア座布団。座りやすい」(ポーランド/30代前半/男性)

・「ホームセンターで見た、ポンポン跳ねて遊ぶ跳躍器具が『健康グッズ』として販売されていてびっくりしました。楽しそうで置く場所があれば買いたい」(フィリピン/30代後半/女性)

・「口にくわえる美顔フィットネスのバーですね! あんな変な顔で使うなんて恥ずかしいですけど(笑)」(アメリカ/30代前半/女性)

・「マッサージクッションやチェアです。自宅で簡単にいつでもできるのが魅力です」(ハンガリー/30代後半/女性)

・「マッサージクッションです。自分の部屋にチェアのスペースがなくてクッションにしました。肩こり用に結構使っています! 」(イタリア/20代前半/女性)

○食品・飲料系

・「イオンドリンク。部活や運動している人にちょうど良いものを作られたと思います」(シリア/30代後半/男性)

・「野菜ジュースです。日本に来てから飲み始めてみました。以外とおいしいです」(香港/20代後半/男性)

・「納豆です。腸の健康にいいです」(オーストラリア/30代後半/女性)

○医薬品・病気予防関連

・「日本では健康グッズを利用したことがないです。ただ母国では、家族が日本の血圧を測る機械など、日本から購入したものをよく使います。正確で壊れにくいのが特徴です」(カンボジア/20代前半/男性)

・「睡眠薬がすばらしく効くことに驚きました」(スペイン/30代後半/男性)

・「日本によく見られるマスクは母国では珍しいです。風邪の感染防止のためだと思いますが、PM2.5などの大気汚染対策にも利用されていて、薬などと違って人の外見に影響するものですから、最初は違和感を覚えました」(ドイツ/30代前半/男性)

・「日本で買ったシップの即時の効き目がすばらしかった」(スペイン/40代前半/女性)

・「シップです。便利で安く使いやすいからです」(ペルー/40代前半/女性)

○その他

・「竹踏み。日本らしくて健康になれそう」(インド/30台前半/男性)

・「チタンのネックレス」(エジプト/30代前半/女性)

■総評

比較的多く回答にあがったのは、マッサージやフィットネス系のアイテムだった。腹筋サポート器具やバランスを取ることで体幹を鍛えるゴムボールなど、CMなどでおなじみのものや今や定番になっているアイテムを外国人も使っていることがうかがえる。

また、マッサージ機器については、昔はいすなどの家具のようなサイズのものが多かったが、近年ではクッション型のものが出回っており、そのコンパクトさと実用性に外国人にも響いているようだ。

そのほか、本人が使っているわけではないが、血圧計など日本の医療機器を母国で使用しているというコメントもあり、日本製品に信頼を持ってくれていることがわかる。竹踏みなどの意外なアイテムにハマっている外国人もおり、生まれた国が違っても健康が気になるのは万国共通のようだ。

※写真と本文は関係ありません

調査時期: 2017年7月23日〜2017年8月23日

調査対象: 日本在住の外国人

調査数: 20名

調査方法: インターネット応募式アンケート