10月28日に一般公開がスタートした東京モーターショーで、トヨタ自動車が2018年に発売を予定しているFCバスのコンセプトモデル「SORA」が公開されています。

車両寸法は全長10,525mm×全幅2,490mm×全高3,340mm。環境に配慮すべく、FCV「MIRAI」で開発した「トヨタフューエルセルシステム」を2基搭載。水素燃料で走行し、排出するのは水のみとなっています。

228kW(114kW×2)の大容量FCスタック、最高出力226kW(113kW×2)/最大トルク68.4kgm×(34.2kgm×2)を発生する駆動用モーターに加え、充填圧力70Mpaの高圧水素タンク10本を搭載、タンク内の総容積は600L。1回の水素充填で約200km走行できるそうです。

また、最高出力9kW、235kWhの電源供給能力を備えており、災害時には電源としての利用が可能。車内にはベビーカーや車いすのスペースに自動格納機構付き横向きシートを設置。利用車がいない場合は一般利用者が座ることも可能で、乗車定員は乗務員を含む79名。

モーター走行による変速ショックの無いスムーズな走りに加え、急加速を抑制する「加速制御機能」の採用により、緩やかな発進を可能にするなど、立ち乗客の安全性に配慮されています。

さらに自動操舵と自動減速により、バス停と乗降ステップとの隙間を約3〜6cmにまで幅寄せ出来ると共に、バス停の前後約10cmの精度で停車させることが可能で、車いすやベビーカーでの乗降性を向上させています。

「SORA」は2020年の東京五輪開催までに都内で100台以上の導入を予定。

トヨタによると「世の為、人の為に働くクルマ」として社会に貢献できるバスの実現を目指しているそうで、オリンピック期間中に留まらず、その後も「人に優しいバス」として広く受け入れられるに違いありません。

(Avanti Yasunori)

【関連記事】

トヨタが「自動運転時代のインテリア」を6人乗りFCVで提案!
https://clicccar.com/2017/10/20/522306/

経産省が「FCV」の普及を後押し!水素ステーション拡大に向け規制緩和へ
https://clicccar.com/2017/09/27/515325/

トヨタが「カナダ」と「UAE」でFCV普及活動を展開!
https://clicccar.com/2017/01/22/438998/

トヨタがFCV「ミライ」の技術を大型トラックに応用へ
https://clicccar.com/2016/11/24/419793/

トヨタがPHV/FCVに加えて、「EV」開発にも本腰を入れる理由とは?
https://clicccar.com/2016/11/15/416047/

トヨタが「自動横付け機能」搭載のFCバスを2018年に発売、 東京五輪に向け都内に100台以上導入【東京モーターショー2017】(http://clicccar.com/2017/10/30/526224/)