岡崎、「驚き」の先発落ちも新監督に絶賛の声 「新たなフロント4が見事な手腕を証明した」

写真拡大

ピュエル新監督は4-2-3-1システムを採用 岡崎は「驚き」のベンチスタート

 レスター・シティの日本代表FW岡崎慎司は、クロード・ピュエル新監督体制の初陣となった29日のリーグ第10節・エバートン戦で2試合ぶりにスタメンを外れた。

 現地では「驚き」とも報じられたが、2-0と快勝したことで、指揮官の手腕が絶賛されている。

 ピュエル監督が送り出したスターティングイレブンは、前節から二人が入れ替わった。システムは4-4-2から4-2-3-1となり、GKカスパー・シュマイケル、DFダニー・シンプソン、ウェズ・モーガン、ハリー・マグワイア、クリスティアン・フクス、MFビセンテ・イボーラ、ウィルフレッド・エンディディまで最終ラインから中盤の守備的な選手は同じ顔ぶれとなった。

 しかし、ウイングには右サイドにMFデマライ・グレイ、左サイドにサイドバックが本職のDFベン・チルウェルと“自分の色”を出した。そして、右サイド起用が多かったMFリヤド・マフレズがトップ下に入り、ワントップのFWジェイミー・ヴァーディをサポートする役割となった。

 レスターの地元紙「レスター・マーキュリー」では、「ピュエルの最初のチームセレクションが発表された時、多くの人に驚きを与えた。リバティー・スタジアム(前節スウォンジー戦の会場)で勝利したチームから二人を変更し、シンジ・オカザキとマーク・オルブライトンに代わってヤングスターのグレイとベン・チルウェルが入り、ピュエルは4-2-3-1システムに変更した」と報じた。

グレイ、チルウェルの“抜擢組”も高評価

 レスター公式ツイッターのスタメンが発表された際にも、返信欄には「オカザキを外したのはミス。ラニエリとシェイクスピアはそれで解任された」、「オカザキはどこ?」、「オカザキのスタッツが物語っている。彼が毎試合スタメンじゃないなんて狂気の沙汰」などと岡崎を支持する声も挙がっていた。

 しかし、蓋を空けてみれば前半18分にマフレズのアシストからヴァーディがネットを揺らして先制すると、同29分には先発抜擢のグレイが追加点をゲット。レスターと同じく監督解任に揺れている不振のエバートンに快勝した。岡崎は後半30分からマフレズとの交代でピッチに立った。

「レスター・マーキュリー」紙は試合後のレポートで「新たなフロント・フォーがピュエルの見事な手腕を証明した」と絶賛。同紙の採点でもヴァーディ、マフレズ、チルウェルの3人に「8点」、グレイにチームトップの「9点」が与えるなど新たな攻撃ユニットが高く評価されている。

 前節スウォンジー戦で決勝ゴールを奪うなど、今季リーグ戦4得点を挙げる岡崎だが、新体制でいきなりスタメン落ちとなってしまった。フランス人指揮官にアピールし、再び定位置を取り戻したいところだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images