次から次へと新しいスマートフォンが発売されるなか、近年は中国メーカーが躍進を続けている。中国市場では圧倒的なコストパフォーマンスを武器に、サムスンやアップルといったメーカーを凌ぐ勢いを持ち、世界市場でも販売台数とシェアを伸ばている。(イメージ写真提供:(C)alexionas/123RF)

写真拡大

 次から次へと新しいスマートフォンが発売されるなか、近年は中国メーカーが躍進を続けている。中国市場では圧倒的なコストパフォーマンスを武器に、サムスンやアップルといったメーカーを凌ぐ勢いを持ち、世界市場でも販売台数とシェアを伸ばしている。

 日本メーカーの携帯電話、スマートフォンは、世界的に見ればほとんどシェアを獲得できていない。アップルや中国スマホには日本企業の部品も数多く搭載されていると言われるが、なぜ本体では競争に勝つことができないのだろうか。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、「日本には技術力があるというのに、なぜ中国市場で成功できなかったのか」と疑問を投げかける記事を掲載し、その理由について考察している。

 記事は、スマートフォンの販売戦略は各メーカーがそれぞれ考えることだとする一方で、そのメーカーの戦略に国情というものも少なからず関係していると指摘。そのなかで日本のメーカーが独特なのは「キャリア主体」であることだとし、日本は中国や米国に比べて携帯キャリアが持つ力が強く、メーカーはユーザーではなく、キャリアを向いた商品開発を行った結果、商品の競争力が低下してしまったと論じた。

 また、キャリア向けの商品開発を行ってきた弊害は「マーケティング」にも存在し、どのように宣伝し、どのように消費者に訴えかければ支持を得られるかが分かっていないと主張。さらに日本のスマホは価格が高すぎると伝え、低価格の割に機能も優れる中国メーカーのスマホの方がコストパフォーマンス面において圧倒的に高いと指摘し、日本企業は1つ1つの技術力はとても高いが、スマートフォンの開発で出遅れ、世界最大の市場である中国で市場を獲得できなかったのは、こうした理由によるものだと主張している。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:(C)alexionas/123RF)