今年も残すところ、2か月となりました。4月に社会人になった人たちも、働き始めて半年。仕事にも慣れてきた頃ではないでしょうか。先輩となった堅実女子のみなさんも、彼らとの接し方に慣れてきたのでは? しかし、あと5か月程もすれば、また新入社員がやってきます。いつの時代も、新入社員は上司たちにいろいろな意味でインパクトを与えてくれます。株式会社ディーアンドエムの調査でわかった「新入社員の驚き行動」とは?

嘘でしょ!? それってアリなの?

アンケートによると、今までに新入社員の行動に驚いた・呆れた経験が「ある」と回答した人は39.1%と、「ない」の30.8%、「分からない・覚えていない」の30.2%を上回る結果となりました。
では実際、どんな驚き・呆れた行動があったのでしょうか?

こんな事アリ? 新入社員の驚き行動

新入社員の驚き・呆れた行動ランキング
1位 言葉使い
2位 挨拶をしない
3位 無断欠勤・遅刻
4位 呆れる・理解出来ない言い訳が多い
5位 謎な行動が多い

5位 謎な行動が多い

自分の目を疑うような謎な行動、気になりますよね。
「注意をしている途中で、突然お菓子を食べ始めた新入社員。怒る気が一気になくなりました……」
「遅刻の理由が、混雑の影響で電車が遅れてた。時間通りに出たから、私は悪くないです」など、しれっと話すようです。
謎過ぎる! 理解できない!! と思う上司に同情してしまうかも。

4位 呆れる・理解できない言い訳が多い

「伝えていた時間までに資料まとめが終わっておらず、理由を聞いたら、ランチの提供が遅くて、お昼の時間が長引いたからと言われた」
「休みの連絡を会社に入れた新入社員。休みの理由が彼氏と別れたからで、受話器を握ったまま何も返答ができなかった」
え? もう一回言って!? と聞き返したくなってしまう実例が寄せられています。頼んでいた仕事が終わらなかったときなどに多い内容のようです。

自分にもこんな時代があったのでしょうか……。

3位 無断欠勤・遅刻

これは社会人として、というか人としてNG! これらの行為は会社としても、給与にかかわりますから確認をしないといけないものですよね。
無断欠勤による仕事のフォローも、残された人達は大変ですし、理由の内容によっては怒りもおさまりません。

2位 挨拶をしない

挨拶は基本的なこと。挨拶をしないというのは礼儀としてどうなのでしょうか。
「廊下ですれ違った新入社員に、こちらから挨拶をするも返事をしてもらえず……。後ほど理由を聞いてみたら、昼休みだから挨拶は必要無いと返されました」
その発想が生まれるのは、なかなかです。

1位 言葉使い

最も多かったのは、「言葉使い」(29.2%)となりました。
挨拶の際、「うっす!」「ざまーす」のような略語のような、タメ口のような短縮した言葉を使う人も多いようです。
そしてその言葉使いを、上司の前でもしてしまうとか……。これは先輩にあたる社員一同唖然ですね。ある意味、大物! とネタにするしかありません。

若者らしいなと思えるエピソードから、耳を疑うようなセリフまで、こちらの常識は通じないの!? と途方に暮れそうになりますね。
でも、そういう新入社員もいるのね、とあらかじめ分かっていれば少しは驚かずに済むかもしれません……。

【参考】※ 株式会社ディーアンドエム