2年連続で音楽劇「赤毛のアン」に出演するAKB48 チーム4の岩立沙穂にインタビュー!

写真拡大

11月17日(金)から19日(日)に東京国際フォーラムで上演される音楽劇「赤毛のアン」。ルーシー・モンゴメリの名作を劇場公演用の音楽劇に橋本真理子が書き下ろした同作では、11〜20歳のアンの姿が描かれる。

【写真を見る】“ハロウィーンにやりたいこと”などについても質問!

今回は、昨年に引き続きアンの“腹心の友”であるダイアナの大人期を演じるAKB48チーム4・岩立沙穂(Wキャスト)にインタビュー。前回を振り返って今思うことや、2回目の大人ダイアナ役に臨む心境などを聞いた。

■ 「昨年舞台に出たことは自信になりました」

――2年続けての「赤毛のアン」出演ですが、まず、去年の舞台を振り返ってみていかがですか?

去年は私にとって初めての舞台で、AKB48の活動とは全く勝手が違ったので、分からないことだらけでした。周りの方は私にとても気を使ってくださったんですけど、私も周りの方々に気を使い過ぎてしまい、逆にそれであまりコミュニケーションが取れずにお稽古期間を過ごしてしまったので、ちょっとだけ後悔しています。そのぶん、本番で距離が近づけたかなとは思うんですけど、今年はお稽古からうまくコミュニケーションを取っていきたいです。

あと、去年のお稽古中はどうしたらいいのか分からないことが多過ぎて頼りない感じが出てしまっていたみたいなんですが、本番になったら「人が変わったね!」と共演した方に驚かれてしまいました(笑)。

――アイドルとして活動してきた慣れみたいものが出たんですかね?

そうですね。今までのAKB48での劇場公演などの活動があったからだと思うんですけど、本番の方が自信を持ってできた気がします(笑)。AKB48の活動がこうして違うところでも役に立つんだなと思いました。

――AKB48との勝手の違いというのは、具体的にどんなところで感じましたか?

全部が違いました。歌も発声方法が違いますし、ダンスもAKB48のダンスでペアダンスはあまりないので、本当に戸惑ってばかりでした。でも、お稽古中に不安だったことも含めて、ちゃんと本番はやり切れたので、昨年舞台に出たことは自信になりました。

――そうした昨年の経験の中で、普段のAKB48の活動に生きているなと思うことはありますか?

舞台は演出が突然変わったりして、そういうことにも対応できなければいけなかったので、臨機応変な対応ができるようになりました。去年の大人ダイアナ役は私が1人でやらせていただいたんですけど、主役のアンは5公演を4人で演じていたんです。キャストが変わると、人によって立ち位置や間が多少違ってくるので、それを合わせるのが大変でした。だから臨機応変な対応が身に付いたんだと思います(笑)。

――去年、見に来てくれたAKB48のメンバーはいましたか?

別の劇団の「赤毛のアン」でダイアナを演じた藤田奈那さんが見に来てくれました。同期の北澤早紀ちゃんも見に来てくれて、歌のうまい早紀ちゃんが歌を褒めてくれたのがうれしかったです。

■ 「普段見せない表情を見てもらえたら」

――今年2回目のダイアナを演じるわけですが、意気込みはいかがでしょう?

もちろん、去年以上のものを見せたいと思うので、お稽古から自分の力が出せる状態で臨みたいなと思っています。今年はチーム8の佐藤栞ちゃんとWキャストでやらせていただくので、お互いにいい刺激になればいいなと思います。

――佐藤さんとは何か話をしたりしましたか?

彼女は今回が初めての舞台なので、すごく不安だと言っていました。私がどれだけ力になれるかは分からないですけど、去年私が思ったことだったり、こうした方がいいと思ったことだったり、そういうことをちゃんと伝えたいです。

――大人ダイアナを演じる上で、注目してほしいポイントは?

ワルツのシーンですね。今年はまだどうなるか分からないですけど、去年はいい位置で踊らせていただいたので(笑)。あと、ダイアナはフレッドという恋人がいる役なので、普段見せない表情を見てもらえたらいいなと思います。

――ダイアナはおとなしいキャラクターですが、ご自身と近いと思いますか? それとも遠いと思いますか?

私はどちらかというと、アンのようにいろいろとチャレンジをしたい気持ちがあるので、ダイアナは普段の私から遠いかなと思います。ダイアナみたいにどっしりと構えている感じは普段の自分にはないと思っているので、去年もそういう雰囲気はちゃんと出せるように意識していました。

――チャレンジという言葉が出ましたが、今チャレンジしたいと思っていることはありますか?

洋画が好きでよく見るんですけど、見ているとその場所にすごく行きたくなるんです。AKB48に入ってからお仕事で海外に行くことはあったんですけど、んなにゆっくりはできなかったので、いつか1週間くらい掛けて海外旅行に行ってみたいという願望があります。活気があってエネルギーがもらえる街という印象があるので、ニューヨークに行きたいですね。

――演技の仕事もこれからさらにチャレンジしたいと思いますか?

今年は「豆腐プロレス」(テレビ朝日系)のリアルイベントでプロレスをやらせていただいたんです。ヒールではなかったんですが、相手の「おばさん!」っていうマイクパフォーマンスに「このくそがき!」みたいな感じで強めに返すようなキャラを演じてみて、そういう普段言わないことを言う経験が楽しかったので、いろんなことに挑戦してみたいなと思いました。演技のお仕事もその中の1つとして、機会があればチャレンジしていきたいです。

■ 「初めてハロウィーンパーティーをしようとしています」

――ハロウィーンの思い出や今年やりたいことは?

学校の最寄り駅の近くにあるおうちが、お庭にクモの巣の飾りをしたり、イルミネーションをしていたりですごかったんですよ。それを見るのが楽しくて、学校帰りに友達とそのお庭を観賞する会をしていました(笑)。今年は初めてハロウィーンパーティーをしようとしています。でも、まだ計画中で何を着るか決めていないです(笑)。

――ありがとうございます。それでは、最後に「赤毛のアン」を楽しみにしている方々にメッセージをお願いします。

この舞台は子供、少女、大人というアンもダイアナの成長に伴って、役を演じる人が変わっていきます。私は大人のダイアナを演じますが、子役の子も本当にすごくて、刺激やパワーをもらっています。見に来てくれたお子さんも「同じくらいの歳なのにすごいな」って思うだろうし、出演者の年齢は幅広くて、シニア層の役者さんも出ているので、ぜひご家族で見に来ていただければと思います。