三代目J Soul Brothersの山下健二郎が29日、元乃木坂46の深川麻衣とともに、東京・六本木で開催中の『第30回東京国際映画祭』内でおこなわれた映画『パンとバスと2度目のハツコイ』のワールドプレミア上映の舞台あいさつに登壇、この日は映画でメガホンをとった今泉力哉監督も合わせて登壇した。

 映画『パンとバスと2度目のハツコイ』は、パン屋で働く結婚に踏ん切りがつかない“恋愛こじらせ女子”と、偶然再会した中学時代の初恋相手との恋愛模様を描いたストーリー。ヒロインのふみ役を深川、その初恋相手でバツイチの男・たもつ役を山下が演じる。

 個人としては初めてのチャレンジとなる役柄だったと振り返る山下は「普段は全然体験したことないような役柄だったので、そこをどうやって自分なりに引き出すかということを、考え監督や深川さんと話しながら作っていきました」と振り返りながら「監督の撮り方が、長回しがあったりとかして結構独特な雰囲気が流れるような時もあり、台詞と台詞の間をすごく大事にするというか、その間で何かを訴えるとか思ったりとか、表情一つとか、役者としてこの作品に出て自分のレベルが一つ上がったような、上げていただいたような感じがします」と今泉監督との仕事に手ごたえを感じた模様。

 一方で今泉監督は「ちょっと作り物でもない、本当に自分たちに近い恋愛の話を作りたいというのがあって、二人に演じてもらう時に、美しかったり、かっこいい部分を逆に落とすところとなんかが、逆にそれが美しくなるのではということを、意識的やっていた」と本作での狙いを語る中で「山下さんがあるシーンで鏡越しに手を洗う時に、テストで何回やってもかっこよくなっちゃうというのがあって」とコメント。

 山下は「褒められているような、褒められていないような」と少し照れたような表情で答える。さらにフォトセッションでもあまり笑顔でなかった山下に対し、記者から「山下さん、かっこよすぎます! もっと笑顔で」などとはやし立てられ、山下は冗談っぽく人差し指を立て挑発、会場を沸かせていた。

 また撮影オフ時のエピソードに話が及ぶと「いろいろ(話を)したよね。お互い女性グループから来られている、僕は男性グループからきているので、グループあるあるの話をしたり」と回想しながら「基本的に僕は愚痴ばっかり言っていたんです。深川さんは本当にネガティブなことを一切言わないから、素晴らしい。僕は常に悪者でしたね」とコメント、笑いを誘っていた。

 そんな山下の印象を、深川も「お会いするまではクールなイメージがあったけど、休憩時間にバス釣りの話をすごい熱心に語っていたりとか、すごく本当に明るくて現場を盛り上げてくださるかたでした」と好印象を語る。

 また、この日はメディアからの質問も投げ掛けられ「海外からもファンから多く注目されているお二人より、海外のファンに向けて一言」とのコメントに、山下は「普段三代目J Soul Brothersとして活動するにあたって、音楽とかは海外も意識したりして発信している部分があるし、今回個人としてこうやって注目してもらっていただけることも非常にうれしいので、そういう部分も見ていただいたりとか、引き続きもっと海外にも発信できるように、精進して頑張っていきたいと思います」と決意を新たにコメントした。【取材・撮影=桂 伸也】