医学界で注目を浴びているのは「血圧サージ」とは

写真拡大

 医学界で注目を浴びているのは「血圧サージ」という耳慣れない言葉だ。「サージ」とは英語で「波が押し寄せる」という意味である。

 日本高血圧学会のガイドラインでは、上(収縮期)の血圧が140mmHg以上、下(拡張期)が90mmHg以上で高血圧と基準が示されている。しかし正常値の範囲にある人であっても、瞬間的に180mmHgほどにまで血圧が急上昇することがある。これが「血圧サージ」だ。

 この概念を提唱したのは、自治医科大学教授の苅尾七臣氏だ。同教授らが平均年齢72歳の高血圧患者519人を対象に行なった41か月の追跡調査によれば、夜間の最低血圧と起床後2時間の最高血圧の差が55mmHg以上開いていた53例の患者は、それ以外の466例に比べて脳卒中発生率が2.7倍高まったという。

 同教授の別の調査では、平時の血圧が130mmHg未満で、起床後の血圧が145mmHg以上に上昇する患者は、起床後の血圧が125mmHg未満の患者に比べて、心筋梗塞のリスクも2.47倍高まるという結果も出ている。南三陸病院副院長の西澤匡史医師が説明する。

「慢性的な高血圧患者の場合、動脈硬化が進んでいき、徐々に血管が詰まっていくことで脳血管疾患を引き起こす。

 一方、血圧サージでは、脳の穿通枝など非常に細い血管に圧力が一気にかかり脳血管疾患につながる。高血圧患者のように降圧剤を飲んだり、生活習慣改善をしたりという対策を講じていないため、予期せぬタイミングで脳卒中という最悪の事態が起こる可能性もあります」

 高血圧は知らないうちに健康を蝕み、時に患者の命を奪うことから「サイレントキラー」(静かな殺し屋)と呼ばれる。血圧サージが忍び寄る“足音”はそれよりもさらに静かで、突発的だ。だからこそ危ないといえよう。

 血圧サージについては「NHKスペシャル」などの情報番組でも大特集が組まれるなど、高血圧リスク対策の新たなテーマとなりつつある。

※週刊ポスト2017年11月10日号