北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は29日、米国が朝鮮半島を「限定核戦争」構想の試験場にしようとしているとする署名入りの論説を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論説は、米国の政界と軍部で限定核戦争に対する論議が行われているとしながら「『限定核戦争』は制限された地域で戦術核兵器を使用して相手に致命的な打撃を与え、容易く侵略の目的を達成しようとする妄想に基づく小規模の核戦争形態である」と指摘した。

つづけて、「米国の『限定核戦争』構想は惑星に破局的な核災難を招くようになるヒステリックな妄想である」と述べた。

さらに、「米国は自分らの核戦争野望を抑止するわれわれの核戦力強化措置を『世界的な脅威』と罵倒しながら、朝鮮半島を『限定核戦争』構想の実効性検証のための初の試験場につくろうとしている」と強調した。

その上で、「わが国家は強大な核先制攻撃および反撃能力を兼備した世界的な核強国である」とし、「わが共和国を先制攻撃するための『限定核戦争』がむしろ、悪の帝国の最後の終えんを早める自滅的な選択になるだけだということを知らないところに米国の悲劇がある」と述べた。