蒼井優、恋愛依存の女から四川料理店員まで “クセの強い役”でインパクト残す

写真拡大

 主演映画『彼女がその名を知らない鳥たち』が10月28日より公開される蒼井優。『リリイ・シュシュのすべて』(2001)で映画デビューを果たし、『花とアリス』(2004)でプチブレイク、そして『フラガール』(2006)で実力を認められた彼女だが、『彼女がその名を知らない鳥たち』では、これまで以上に女優力を発揮している。

(参考:櫻井翔『先に生まれただけの僕』の不思議な味わいは、“後に生まれた人たち”に伝わるのか?

 この映画で蒼井が演じるのは、8年前に別れた男・黒崎(竹野内豊)が忘れられずにいる十和子という名前の女性。一緒に暮らしている15歳年上の男・陣治(阿部サダヲ)の少ない稼ぎに頼って生活しているのに、彼を臭い、汚い、不潔と罵り、足蹴にしているとんでもなく嫌な女だ。さらにクレーマー気質であり、かなり面倒くさい女でもある。しかし、黒崎とどこか彼に似た妻子持ちの男・水島(松坂桃李)の前になると、急に可愛げのある女に変貌する。いわば十和子は恋愛依存の女なのだ。そんな一癖も二癖もある十和子という役に挑んだ蒼井は、本当は十和子の唯一の理解者である陣治、そして黒崎と水島という二人の男たちの前で見せる顔を使い分け、十和子の危うさを表現している。陣治を罵るときのふてぶてしさと、恋する女のときの表情のギャップには、誰もが驚かされるだろう。

 その一方で蒼井は、現在公開中の『ミックス。』にも出演している。こちらでは一転して、四川料理店の中国人店員をコミカルに好演。彼女が話す中国語なまりの日本語は、まさにお見事で、彼女がスクリーンに登場するたびに笑いがこみあげてくる。メインキャストではないものの、「蒼井優がすべてを持っていった」と言っても過言ではないぐらい、はっちゃけた演技で映画を盛り上げている。

 このように主演を張る女優でありながら、脇で出演していても何かしらの爪痕を必ず残す蒼井。思い返せば、『ハロー張りネズミ』(TBS)で演じていた霊媒師役も強烈なインパクトがあった。現在放送中の『先に生まれただけの僕』(日本テレビ)では、商社マンから高校の校長先生になった主人公・鳴海涼介(櫻井翔)に反発する社会科教師を演じているが、ここ最近、『ハロー張ネズミ』『ミックス。』『彼女がその名を知らない鳥たち』とクセの強い役が続いていただけに、ノーマルな演技が新鮮に見えてくる。しかし、それだけ蒼井はふり幅の大きい女優であり、高い演技力を持っている女優であることを証明していると言えるだろう。

(馬場英美)