10月18日から24日までの1週間の会期で中国共産党第19回全国代表大会(以下、党大会)が開催された。これを受けて10月25日には、党第19期第1回中央委員会全体会議(1中全会)が開催され、第2期習近平政権の指導部が決定した。

 仔細な評価は後述するが、習近平が党大会で実現を目指した目標は一定の成果を見たといえる。つまり、より「権威」を増した習近平政権が出来上がったことは事実だろう。

 しかし、習近平「一強」に見える体制にもいくつかのクエスチョンマークが付く。その点に注目して論を進めたい。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

党規約に習近平の「思想」は入ったが・・・

 まず党規約を改正し、党の指導理念として新たに「習近平思想」を書き入れるという目標は、とりあえず成功した。しかし、それは「習近平思想」という簡潔な言葉ではなく、「習近平の新時代における中国の特色ある社会主義思想(習近平新時代中国特色社会主義思想)」と記された。記述の序列も、マルクス・レーニン主義、毛沢東思想、臂平理論、(江沢民による)“3つの代表”重要思想、(胡錦濤による)科学発展観、の後ろであった。

 たしかに、指導者の名前を冠した表現ということで言えば、江沢民、胡錦濤は名前の言及がないから、習近平は毛沢東、臂平と肩を並べたと言えないこともない。しかし、順番の時系列が覆されなかったことと、「思想」を限定するだけでなく、それだけでは意味不明な「新時代・・・」という語句が入ったことによって、指導理念としての簡潔さが損なわれた印象がある。

 これは、習近平の権威付けに関しては一定の成果と言えるのだろうが、はたしてこれで中国人民が習近平を毛沢東、臂平と同格の指導者と認識するようになるかどうかは疑わしい。

政治局常務委員のバランス人事は「妥協」の産物

 10月25日の1中全会で決定した7人の中央政治局常務委員の顔ぶれは、下の表のとおりであった。

新たな中央政治局常務委員の顔ぶれ


 留任は習近平と李克強の2人で、最後まで留任説が強かった王岐山は、68歳定年の慣例を破ることができず退任が決まった。

 他の新任5人と合わせて7人を派閥的に分類すると、習近平派は本人と栗戦書、趙楽際の3名、共産主義青年団を出身母体とするのが李克強と汪洋の2名、江沢民派とされる韓正、無派閥とされる王滬寧という構成である。

 このうち、汪洋と王滬寧は習近平の信任を得ていると見れば、習近平派が過半数を占めるが、習近平の「政敵」とみなされてきた江沢民派から韓正が入っていることから見ても、挙党態勢を印象づけるバランス人事を強いられた感がある。

 韓正が常務委員会入りした根拠と言えば、習近平も含めて歴代の上海市党委書記が常務委員会メンバーとなっている慣例に過ぎず、彼のことを習近平が評価したといえるような経緯はない。

 異例な人事ということで言えば、王滬寧のケースだろう。地方の行政トップの経験が必須とされてきた常務委員の中で、唯一その経験がないからだ。しかし、彼は江沢民、胡錦濤、そして習近平の3代にわたるリーダーの「知恵袋」として、それぞれの政権のキャッチフレーズを生み出してきた。江沢民の「3つの代表」、胡錦濤の「和諧社会」や「科学発展観」、習近平の「中国の夢」や「新型大国関係」などがそうだ。

 王滬寧の出自をたどれば、上海の名門・復旦大学の教授を務めた国際政治学者であり、江沢民時代に北京に呼ばれ、習近平政権になってからは、中央政治局委員に昇格し、習近平の外遊にも必ず随行してきた。王滬寧が担当することになるイデオロギー部門は、これまで劉雲山が担当してきたが、今後は宣伝工作にとどまらず、まさに「習近平思想」の理論構築に手腕を発揮することとなるだろう。また、彼は中央党校のトップも兼任することになるが、学者出身の彼が党幹部研修機関でどのようなリーダーシップを発揮するかが注目される。

 なお、政治局常務委員の名簿序列は、担当する役職と基本的に一致するが、習近平の最側近である栗戦書が国会議長に相当する全人代常務委員長に、そして行政手腕の高い汪洋が国政諮問機関とも言える全国政治協商会議の主席という、中国政治で言えばランクは高いが閑職でもあるポストに割り振られたのはやや意外でもある。逆に、ランクは最下位ながら、比較的露出度が高い常務副総理に韓正が入ったのは、習近平の望むところではなかったかもしれない。人事における妥協が災いしたといっていいだろう。

なぜ「後継者」を常務委員会入りさせなかったのか?

 政治局常務委員に選ばれた顔ぶれは、すべて年齢的に言えば60代であり、50代の人物はいない。ということは、その中に習近平の後継者がいないことを意味する。江沢民以来、党中央総書記は2期10年務める慣例になっているから、67歳までを再任可能、68歳は不可とする「七上八下」という内規の範囲で2期務める有資格者がいないということである。

 将来の総書記候補として注目されてきた孫政才・重慶市党委書記は今年7月に失脚し、もうひとりの候補であり54歳の胡春華・広東省党委書記は今回、政治局委員に留め置かれた。そして、孫政才の後を襲い重慶市のトップとなった57歳の陳敏爾は、習近平の浙江省勤務以来の親しい関係から二階級特進で「後継者」として常務委員会入りする可能性が取り沙汰されていたが、政治局委員への昇格にとどまった。

 結果として生まれた状況は、2022年の第20回党大会で、69歳になる習近平が、「七上八下」の慣例を打破して3期目の政権を担うことになるのか、あるいは政治局委員の中から総書記を選ぶのか、ということになる。

 こうした状況を習近平はあえて選択したのか、あるいは後継者を常務委員会に入れようとして阻止されたのか。

 習近平自身が引退を視野に入れて影響力を確保したいならば、5年後の退任の可能性を踏まえ、後継者を常務委員会入りさせておきたかったはずだろう。それにもかかわらず、習近平はあえて後継者を入れない選択をしたように感じる。それは、習近平が自らの意志で「3期目」を目指す意欲を人事によって明らかにしようとしたからとも思える。いわば背水の陣かも知れないが、後継者を置くことによって起こりうる求心力の低下やレームダック化を防ぎつつ、今後5年間に習近平自らの権威をさらに高めることによって、定年の縛りのない「党主席制」に制度を変更し、続投を目指す意思表示のように思えるのである。

趙楽際は「第2の王岐山」になれるか?

 新体制では、「七上八下」という定年内規の壁に阻まれて退任した王岐山に代わり、趙楽際が中央紀律検査委書記を務めることになった。

 習近平政権の発足に際して、経済分野で辣腕を揮った王岐山が副総理から紀律検査委書記として中央政治局常務委員会入りした時、これが果たして正しい人事配置なのか疑問を持った。その後、習近平と王岐山が、文革で「下放」されて以来の深い信頼関係があり、「反腐敗」キャンペーンで王岐山が重要な役割を果たしたことを考えれば、まさに正しい人事配置だったといえる。

 では趙楽際はどうかというと、どうやら趙楽際の祖父・趙寿山と習近平の父・習仲勲とが同郷で、西北野戦軍時代、副司令員と副政治委員として良好な関係を結んだとされている。少なくとも、習近平にとっては、趙楽際は信頼できる関係にあるといえるだろう。

 もちろん、中央紀律検査委書記としての手腕は未知数だが、趙楽際は青海省、陝西省のトップを務め、赫々たる経済成長の成果を上げた実績がある。反腐敗の継続は、習近平にとってさらなる権力固め、権威付けの重点項目であり、趙楽際に期待されるのは、「第2の王岐山」としての役割を十分に果たすことにある。

中央軍事委は少数精鋭に

 大規模な軍事改革によって大きく機構が変更された人民解放軍において、最高意思決定機関である中央軍事委員会がどのように改変されるかについても注目された。

 19期1中全会コミュニケで発表された中央軍事委は計7名で、従来の11名から4名減った。メンバーは、主席に習近平(留任)、副主席に許其亮(留任)と張又侠(装備発展部長から昇格留任)、委員に魏鳳和(ロケット軍司令員から国防部長含みで留任)、李作成(新任、連合参謀部参謀長)、苗華(新任、政治工作部主任)、張升民(新任、軍紀律検査委書記)である。

 注目されるのは、これまでメンバーに入っていた軍種代表が入っていないこと、腐敗防止強化のため、いままでメンバーには入っていなかった軍紀律検査委書記が加わったことであろう。

 制服組の6名のうち、出身母体から見ると、陸軍が3名、ロケット軍が2名、空軍が1名であり、海軍出身者がいない。苗華は海軍政治員を短期間務めたことがあるが、もともとは陸軍であり、習近平と関係が深い福建省の旧31集団軍の出身である。

 習近平は軍事改革をすすめる中で、中央軍事委の役割を強調するとともに、中央軍事委における「主席責任制」の厳格化を主張してきた。統合作戦の指揮命令を司る軍令部門として連合参謀部、軍政・軍隊建設部門として政治工作部に絞り、さらに反腐敗対策も取り込みつつ、構成人員をスリム化することで誕生した新しい中央軍事委は、習近平の軍事改革が導き出した1つの答なのだろう。問われるのは、それが習近平の要求する「戦える軍隊、戦って勝利する軍隊」において、有効に機能するかどうかだ。

 政権担当の2期目に入った習近平が打ち出したのは、「強国路線」である。建国期の毛沢東時代、改革開放政策によって経済建設に邁進した臂平時代(ここに江沢民、胡錦濤の執政時期が含まれる)を経て、自他共に許す「大国」となった中国をさらに強大化しようというのが、習近平が党大会の報告で強調した「新時代」、すなわち「習近平時代」なのである。これが政策面で、さらに拡張的、強権的外交や軍事行動につながることを、我々は厳しく警戒しなければならない。

筆者:阿部 純一