鉄板焼店「産直鉄板ビーファーズ」のお肉はカミチクから届けられ、一般生活者に提供される。写真はサーロイン、ヒレ、ラム


 鹿児島最大の繁華街、天文館にある「産直鉄板ビーファーズ」では品評回受賞者の牛飼い名人が育てた4等級以上の県産黒毛和牛を鉄板焼きで楽しめる。店内に入ってみると、地元の人が多いようだが、聞けば観光客も足を運ぶという。さっそく、サラダと共に、サーロインやヒレ、そしてラムなどを頼む。添えられた塩がまた肉と相性ばっちり。南さつまの坊津で作られている塩だという。咀嚼をしながら、赤ワインを口にふくむと肉汁の美味しさが格段に際立つ。肉々しい後のシメはガーリックライスでお腹も心も満たされる。

 食べ終わり、店を出ると、斜め左の向かいには、美味しいソフトクリームが食べられる「cafe369 milk & cheese」があった。食後のデザートにと、夜なのに注文し、すぐに口へ運ぶ。さっぱりとした甘みと口溶けで食後のデザートにはぴったりだ。

 筆者がここで食べたものはすべて1つのグループ会社によって提供されている。鹿児島県に本社を置くカミチクグループがそれ。多くの企業が取り組んできたが、難しいとされてきた牛肉の6次産業化をなしえた会社として、注目を集めている。

 創業者で現会長の上村昌志氏は、畜産農家の息子で、23歳で食肉卸を立ち上げ、1985年に現在のカミチクにあたる有限会社上畜を創業した。現在はグループ全体で約350億円の売上規模を誇り、従業員は1000名を超える。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

食の6次産業化の夢と現実

 農林水産省が推進する「食の6次産業化」とは、生産(1次産業)、加工(2次産業)、流通・販売・サービス(3次産業)の一体化や連携を意味する。1次、2次、3次を掛け合わせて6次、というわけだ。なぜこんな取り組みを推進しているのかというと、1次産業の利益率の悪さが原因。利益率の良い2次産業・3次産業を合わせることで所得を向上させていこうというのが狙いである。

 とはいえ、1次産業者が突然、2次、3次の産業事業を行うのは簡単ではない。長年、食品加工や流通販売しているプロも多数存在しているなかで、素人の1次産業者が参入するのは難しい。

 まず2次においては、商品を企画する力が求められる。魅力のない商品を作っても、買ってくれる人はいない。マーケティングやブランディングのスキルが必要となるが、多くの1次産業者には足りていない。

 3次については、市場への販路を持っていないという「そもそも論」が強い。ネットなどで直販するのにも、やはりマーケティングやブランディング、客とのコミュニケーションなどが求められる。結果、道の駅などで売られる程度ということになってしまいがちだ。

 仮に成功したとしても、実は大きな課題がある。1次産業がおろそかになるのだ。筆者の知る個人規模の6次産業者も自社商品が話題になっているものの、肝心の1次産業がおろそかになっているというケースもある。そうなる気持ちも分かる。1次産業は、労働時間が長い上、気象条件に左右されることも多く利益率も低い。だからこそ国も支援するのだが、それにより1次産業者が骨抜きになってしまうケースがあるのだ。

世界が求める「牛肉」だからこそハードルも高い

 6次産業が実現できれば、多くの生産者は経済的にもゆとりができるはずなのだが、なかなか難しい。そんな中でも、とりわけ難しいのが牛肉の世界だ。

 牛肉はそもそも現金化までのリードタイムが長い。およそ28カ月かかるといわれている。農作物なら1年だが、2年以上かかるのだ。その上、生き物を育てるという観点から、多大な設備投資や感染病などのリスク管理も求められる。これは畜産すべてにいえることでもあり、リスクの大きさは「畜産 > 水産 > 農業」ともいわれている。

 牛肉は世界中の人が食べるもので、市場規模は大きいが、そのぶん規制なども多い。BSE問題や口蹄疫問題など、様々な問題を常に予防し、解決をしていく必要もある。食料品の中でも牛肉の取り扱いについては日本に限らず各国ともハードルは非常に高い。

 また、種牛なども含めてビジネスを考えていくと、実際にその種牛の精子で牛が育つ様子を観察しないと、その種牛の優劣がつけられない。その期間は実に5年程度かかるともいわれている。

 リードタイムが長く、ランニングコストも高い、そして設備も大型になりがちで感染病などを防がなくてはならないという畜産分野。リスクを分散するためにどうするか? これまでは、人の口に届くまで細かい分業制をとることで、その解決策としていたようだ。

 しかし、リスクを一手に背負ってでも、牛肉における食の6次産業化ができたら、他のどんな産品でも6次産業化できるのではないだろうか? そう考えていた時に、見つけたのが冒頭に挙げたカミチクグループだった。

牛の餌づくりから外食産業までを一気通貫

 カミチクグループは牛のエサづくりから外食産業まで一貫して行うことで、生産にかかるコストを管理し、生産農家の経営も安定させられる体制を敷いている。

 グループの1次産業を構成するのは、「カミチクファーム」「カミチクファーム九州」「ケイファーム熊本」の3社である。エサづくりからはじまり、肉用牛の繁殖・哺育・育成・肥育、酪農を担い、飼養頭数は約1万8000頭(うち乳用牛1000頭(搾乳牛800頭)が飼養されている。

 2次産業は食肉の製造・加工・企画・開発・販売を担う「カミチク」、豚肉の製造・加工を担う「クオリティミート」、そして乳製品の加工販売を行う「伊佐牧場」の3社で構成される。

 3次産業は「ビースマイルプロジェクト」と「ケイファーマーズ」の2社で構成される。これら1〜3次産業を束ねるのが「カミチクホールディングス」だ。

カミチクグループの全体像


 まず、最初の段階から見ていこう。エサづくりを担うのは、カミチクファームの中に設置されている「TMRセンター」だ。「TMR」とは酪農用語で "Total mixed rations" (混合飼料)のことを指す。同センターでは、TMR発酵飼料というオリジナル飼料を平均1日あたり80〜100トン製造する。

 興味深いのは、地域資源をしっかりと活用している点だ。現地に行ってみると、焼酎かすの甘い香りに包まれた。九州一円の農家から飼料用米などを調達するだけでなく、食品企業などから焼酎かすなどの食品副産物を調達し、飼料に変えている。

TMRセンター。左右にある白いものができあがった飼料だ


 この餌を食べる牛たちは同じくカミチクファームで育てている。哺育・育成・肥育をしている順番を見学させてもらった。仔牛はまだ小さく、かわいらしいが、大人になった後の肥育の段階では圧倒的なボリューム感に驚かされる。肥育とは、食用にするため牛を大きくし、肉をつけさせる工程だ。

生まれて2〜3カ月の仔牛たち


肥育を経て牛は約20カ月間育てる


 肉質のよい牛を生産するには、血統の良さも重要なポイント。カミチクファームにある「家畜人工授精所」では、自社牧場の種牛を使って人工授精も行っている。人工授精や体内受精・体外受精を行い、生まれた仔牛は母牛と過ごし、ミルクから免疫をもらい育つ。

南さつま家畜人工授精所。牛の血統が上に書かれている


伊佐牧場で放牧される牛たち


伊佐牧場では酪農を行うほか、チーズ工房もある。工房では、カチョカヴァッロがつくられていた


 育てられた牛のうち肉牛は、鹿児島食肉センター内にある、と畜から最終加工まで一貫処理するカミチクのラインに乗り、市場で出回ることになる。強みは肉が衛生区域外に一度も出ないため、新鮮な状態のまま加工処理ができるということ。スライスパックの状態で海外への輸出も可能になっている。

鹿児島食肉センターでと畜された牛たち


牛肉の等級は切り込みからのぞき、サシの入り具合などで判断する。これはA5。目利きは熟練が必要になる


肉は運ばれてきて解体作業が行われる。一番奥で解体をしたあと、さらに肉を分解し、手前の真空パックなどの処理も行っていく


スライスパックなどの処理も別室で行われており、お店にあわせて対応できる体制がある


父親の言葉を糧にグループを成長、次代は世界戦略

 カミチクグループの創業者で現会長である上村昌志氏は、子供のころに聞かされ続けた父親の言葉が忘れられないと話す。

「親父は農業に誇りを持っていて、人の命の源をつくる仕事だと常々話していました。でも、儲かりません。そこで、兄弟3人で力を合わせて俺の夢を叶えてくれと焼酎を飲みながらよく話していたんです。いわく、長男坊は牛を飼え、次男坊は兄貴が作った牛をしっかり売れ、三男坊はそのお肉に付加価値をつけるために外食産業をやれ、と。これはまさに今の6次化産業の話ですよね。今から55年前ですよ」

 6次化産業のメリットは、履歴がはっきりしていることだと話す上村氏。安心安全の裏付けが明確になり、仕事に対しての意識も高まるという。

「和牛の仔牛価格は高騰しています。生産者が少ないからなんですね。高い仔牛からできる牛肉はもちろん高くなります。私たちは仔牛づくりからやっているので中間マージンなどのコストを圧縮できます。今まで国産牛肉の6次化は、様々な企業がチャンレジしてきましたが、なかなか出来上がらなかった。ここまで形になっているのは日本でカミチクだけではないでしょうか」

 コスト面でも、メリットはあるというわけだ。しかし、ここまでの体制を築き上げるまでには試練も多くあったと振り返る。その最大の難局は、2001年に日本を襲ったBSE問題だった。

「2001年9月10日です。9.11の前日だから忘れようにも忘れられません。BSEの話題が日本で出た瞬間に、これはまずい。肉が売れなくなると慌てました。状況を打破するためには、鹿児島で牛を見ていても仕方がないと、営業を止めて私は東京へ飛びました。そうすると、市場で信じられない値段で取引されているんですよ。普段なら1500円くらいするものが100円とかで。それでも誰も競り落とさない。恐怖を覚えました。諦めきれない私は、百貨店などいくつかのお店をぐるぐる見て回りました。そうしたら不思議なことを発見したんです。大手百貨店では、BSE問題といわれているのに、牛肉が普通よりちょっと安いくらいの値段で売られていて、しかもそれをお客様が買われている」

 上村氏は、そこでブランドの信頼感を目の当たりにしたという。市場では破格の値段で取引されている牛肉を、普段と同じ売値で売れるなら、得られる利益は尋常ではない。それをなしえているのは、こうした百貨店の「信頼力」にあるのだと痛感する。

上村昌志会長


 そこで上村代表は自分たちの育てている牛は安心できるということを伝えるため、鹿児島のスーパーで販売を決行。自社の安全・安心を社員たちが自ら訴え、試食コーナーを設けるなどの販売支援を行った。スーパーの助けもあって、この取り組みは成功した。

「食の安全安心の大切さをあらためて痛感し、その後、SQF2000/HACCP認証や生産情報公表JAS規格などを取得していきました。本当につぶれてしまうのではないかと思うほどの衝撃でしたが、そこから逃げずに立ち向かったことで自信をつけることができたと思います」

 今後の目標は、6次産業化体制をまず整えたので、グループ各社の成長をさらに促進させていくことが1つと話す上村氏。取材に同行し続けてくれたご子息の上村昌平氏は、現在カミチクホールディングスに所属し、海外戦略を練っているという。

会社理念とともに、上村昌志会長(右)とご子息で取締役の上村昌平氏(左)


「海外への進出はまさにこれからといったところ。私が親父の夢である6次産業化を叶えたように、私の夢である世界へカミチクのお肉を届けることは息子たちの世代に任せていこうと思っているんです」

 そう話しながらも、筆者に「とはいっても、外食産業などは不得意なところもある。いろいろ教えてくれませんか?」と笑顔で話しかけてくれ、各社の事例などを話すと素早くメモを走らせる。旺盛な好奇心と、行動力は59歳の今もなお、変わらないようだ。

筆者:中村 祐介