人生というキャリアの中で、人はさまざまな役割を担う。


 このところ、「100年人生」という言葉をあちこちで聞く。世界に先駆けて超高齢化が進む日本では、とてもリアリティがあるテーマだ。100年人生の時代には、終身雇用で勤め上げた会社を60歳で定年し、隠居生活に入る、そんなキャリア観はきっと過去のものになる。

 そこでここでは、「キャリア観」のこれまでの変遷と、これからどのように変わっていくのか、考えてみたい。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

キャリア観1.0:キャリアの成功は「出世」

 1970年代の高度経済成長期、いわゆる日本的雇用が確立された。高度経済成長期には、事業がどんどん拡大し、それが長きにわたって続くと思われたため、企業は長期的に人材を確保する必要性にかられ、終身雇用や年功的賃金制度を導入したのだった。

 終身雇用で1つの会社に勤め上げるのであれば、職業キャリアの成功は、その会社における成功、つまり、出世になる。課長、部長、役員、社長と職位を上っていくことが、職業キャリアの成功を意味していた。

 なお、この時期の日本的雇用は、男性・正社員が稼ぎ頭で、女性は専業主婦という性別役割分業の上に成り立っていた。そのため、職業キャリアは実質的に男性だけのものだった。

キャリア観2.0:目指すキャリアは「プロフェッショナル」

 1990年代に入りバブルがはじけると、企業を取り巻く競争環境は厳しくなり、事業のリストラクチャリングや、正社員以外の雇用形態が広がっていく。大企業の倒産も相次ぎ、60歳まで会社が雇用を保障してくれるという期待は持ちにくくなった。

 企業が事業の選択と集中に舵を切り、社員に高い専門性を求めるようになる一方で、人数の多い団塊世代の加齢により、管理職ポストが不足していった。そこで企業は、マネジメントとスペシャリストの「複線型人事」を導入するようになる。

 この頃から、目指すべきキャリアの1つとして「プロフェッショナル」が台頭していく。高い専門性と職業倫理観を兼ね備えたプロフェッショナルは、1つの会社にとらわれず、会社の枠組みを超えるという点でキャリア観1.0とは異なるが、職業キャリアの高みを目指すという、登り型のキャリア志向という点は、キャリア観1.0と同じである。

キャリア観3.0:職業人と家庭人という2つの「ロール」への渇求

 2000年代以降、共働きが一般的になるにつれ、男女ともに、仕事と子育ての両立の問題に直面するようになる。仕事の成果よりも、仕事に対する姿勢を評価する日本的雇用では、長時間労働が慢性化するうえ、意図しない転勤も命じられる。男性は子育てへの参加が難しく、女性は配偶者の仕事に合わせてキャリアを諦めざるを得なくなってしまう。

 2000年前後に拡充された育児・介護休暇制度やブランクからの復職支援は、もっぱら女性のためのものだった。

 だが、私たちが望むのは、性別に関係なく、家族を大切にしながら、働きがいのある仕事をすることだ。2010年代に入り、少しずつではあるが、男性の育児・介護への参加や、女性の管理職登用が進むなど、性別によらない働き方が浸透し始めている。

 キャリア観3.0は、男性であれば職業人から家庭人へ、女性であれば家庭人から職業人へと、職業キャリアと家庭生活が一体化したライフキャリアの価値観だ。役割(ロール)が横に広がっているという点で、キャリア観3.0は、登り型のキャリア観1.0やキャリア観2.0とは全く異なっている。

キャリア観4.0:私らしい「ライフ・ロール」の組み合わせ

 100年人生では、キャリア観はさらに進化していく。進化の行方を示すものとして、ドナルド・スーパーが提唱した「ライフキャリア・レインボー」を紹介したい。

 ライフキャリア・レインボーは、人が発達段階に応じて演じる、[子ども][学生][余暇(を楽しむ)][市民][職業人][配偶者][親][家事(主婦・主夫)]といったいくつもの「ライフ・ロール(人生の役割)」を重ねて虹を描く。

 赤ん坊のライフ・ロールは[子ども]だけだが、学校に入ると[子ども]と[学生]になり、友達同士で遊び出すと[余暇人]が加わる。アルバイトを始めるとさらに[職業人]が追加され、成人し選挙権を持つと[市民]にもなる。一方、定年し仕事を辞めると[職業人]ではなくなり、親が他界すれば[子ども]のロールも失う。このようにライフ・ロールの組み合わせは、その時々で変わっていく。

ライフキャリア・レインボーの図。ドナルド・スーパーらの“”を参考に作成。


 働き方改革のリーディング・カンパニーは、最近、社員が社会人大学での学ぶこと、サークル活動に対する支援も拡充し始めている。[学生]や[余暇]というロールも、[親]や[子ども]と同じように尊重されて当然だという考え方からだ。特に、100年人生の後半になると、[親]や[子ども]などのロールは必要なくなり、[余暇]や[市民]といったロールの重要性が増していくだろう。

 キャリア観4.0では、[職業人]と[親][子ども]などの家庭人のロールに限らず、[学生]や[余暇人][市民]といった、多彩なロールの組み合わせが当たり前である。しかも、ライフ・ロールの組み合わせは、ライフ・ステージごとに変わる。キャリア観が職業キャリアからライフキャリアに広がり、さらに自分らしいライフ・ロールの組み合わせを求めるようになるのがキャリア観4.0の特徴だ。

 いつ、どんな、ライフ・ロールを担うのか。それらをどんなバランスで組み合わせるのか。ライフキャリア・レインボーは十人十色だ。一人ひとり異なるライフキャリアに優劣などはなく、ライフキャリアに“成功”という考え方はそぐわない。ライフキャリアで大切なのは、自身がこれでよかったと思えるかどうかだけだ。

 私たちは今、「職業キャリアの成功」から「ライフキャリアの充実」にパラダイムが変わる転換点にいる。100年の人生で、私らしいライフキャリア・レインボーを実現できたら、それはきっと、とても豊かなものだろう。

筆者:中村 天江