クルドの旗を掲げて歓喜する人たち


 イラクでは、クルド自治政府とイラク中央政府の緊張が続いている。

 9月25日、イラク政府の反対を押し切って、実施されたクルドの独立の賛否を問う住民投票の結果は、投票率が72%、賛成は92.7%だった。

 イラクのハイダル・アバディ首相は住民投票の結果を「破棄」するよう要求し、飛行場の封鎖や、銀行の凍結などの制裁に加え武力衝突も起きている。

 クルド自治政府は10月24日に声明を出し、さらなる暴力は双方にとって益をなさないとし、住民投票の結果を受けた独立への動きを凍結し、中央政府との対話を始めることを提案した。

 1か月前の住民投票とはいったい何だったのか。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

クルド自治区とイラクの格差

 クルド自治区という形態は悪くはなかったということ。

 イラクの中で、バグダッド、バスラは、日本人が落ち着いて滞在できる場所ではない。テロの危険や誘拐の危険に絶えずさらされている。

 しかし、クルド自治区の首都アルビルは、第2のドバイと言われたこともあり、高級ホテルや、カフェ、ショッピングモールなども多く、安心してくつろげる。

 外国人の投資家や、バグダッドやアンバールから避難してビジネスを行っているアラブ人も多く、彼らが、消費を支えている。

 独立か否かを問われると、誰しもが理念としての「民族の自決権」から独立すべきだということになるが、実は、自治区というのが、トルコや、イランとも摩擦を起こさずほど良い形態であることは、大多数のクルド人が分かっていた。

 住民投票に対して、イラク政府のみならず、トルコやイランが強く反対を表明し、米国や国連までもが今は時期ではないと言っている状況で、強行したところでメリットはないだろう。延期すればいいということになる。

 しかし、反対されればされるほど、「我々には住民投票もする権利がないのか」と意地にならざるを得なかった部分もある。

「投票には行かない!」

 私のドライバーは、貧困地域に住んでおり、隣人にはアラブ系の住民や、モスルから避難してきたアラブ人も多く住む。アラビア語も流暢だ。

 「僕は、国民投票には行かない。今、独立をうんぬん言うより、クルド自治政府の汚職の問題の方が深刻だ」と言い切った。

 イラク政府は、クルド自治政府が石油を独自に輸出していることに対する制裁として、2014年から国家予算のクルド自治政府分の17%を支払っていない。

 その結果、公務員の給料は25〜75%がカットされて、病院などにも政府から供給される薬が届かなくなっている。

 独立して石油収入で国を回していくということなのだろうが、きちんと管理されているのかどうか疑わしいという。大統領の一族が富を独占しているという噂も聞く。

 バルザーニ大統領は、2013年に任期が切れ、2年間選挙なしの延長期間も2015年に切れている。70歳を超える大統領は、そろそろ引退をほのめかしており、歴史に名を残すために、独立にこだわるのではないかという見方もされている。

 公務員に給料をカットされて食べていけるのか聞いてみた。

 「25%しか、給料をもらっていない人は、職場に25%しか来ない。残りは自分のビジネスをやっているから、全然困らない」

 この3年間を振り返っても、高級マンション、カフェや高級レストランも増えた。しかし、副業ができない人にとっては、厳しい日々が続く。

指にインクをつけた子供たち


 ぺシュメルガというクルド自治政府の軍で働いていたフセインさんは、給料がきちんと支払われなくなったという。子供が白血病を患っていた。

 「給料が3か月遅れたりすることもしばしばだ。子供の薬代がかかる。これじゃ食っていけない」

 そして、IS(イスラム国)との戦いで前線に送られることになった。

 「カラシュニコフ(銃)も自前。支給された弾はたったの12発。これじゃ本当に死んでしまう」

 家と車を売って、ブローカーに150万円ほど払い、家族5人でドイツに移住してしまった。

投票は止められない

 投票が近づくにつれて、町はクルドの旗が飾られ、住民投票を支持する集会が開かれる。政治的な集会というよりは、民族衣装や、国旗をデザインしたドレスを着て有名な歌手も来てみんなで踊る。野外フェスティバルという雰囲気でもあった。

 バルザーニ大統領は、外交的に走り回ったが、国際社会を味方につけることはできず、イラク政府との緊張が高まるばかりだ。イラク政府との対立は、サダム政権時の迫害といった歴史を想起させ、住民投票への気運は高まっていった。

 ザーホ―、スレイマニア、ドホークそして最後はアルビルのサッカースタジアムに4万人の群衆が集まった。バルザーニ大統領は次のように演説した。

 「バグダッドにさよならを言う時がきた」

 「独立するかしないかは、私、そして政治の手を離れ、ここにいるあなたたちの手に委ねられた」

10本の指すべてにインクをつけた人


 そして、9月25日を迎え国民投票が実施されたのである。

 投票場は小学校が使われた。選挙人名簿が張り出されてあり、身分証明書と照合して投票する。家族連れが楽しそうにやって来る。

 投票が終わると人差し指を蒼いインク瓶にいれる。子供たちも指にインクをつけてもらって楽しそうだ。10本の指全部にインクをつけている若者は、「10人分の気持ちで投票した」と誇らしげである。

 軍服を着た兵士も投票に駆けつけていた。

 ISと戦っている前線から投票のために駆けつけたという兵士は、腕と足を撃たれて大けがをしたという。スマートフォンに入っているISの兵士の死体の写真を誇らしげに見せてくれた。

 「自分たちは、クルドのために、そして世界の正義のために前線で死を恐れずに、ISと戦ってきた。世界は我々クルドの自決権を認めるべきだ」と言う。明日にはまた前線に戻るという。

 投票所をいくつか案内してくれたドライバーは、突然、「私も投票する」と言い出した。

 「君は、そもそも投票に反対していたから、NOと書いたのか?」と聞くと「実は、YESの方に○をしてしまったんだ」と言う。

 ヤジディ教徒のアーデルは シンジャール村の出身だ。

 シンジャール村はニナワ県で完全に中央政府の管轄地域だったが、2014年8月3日、ISがシンジャールを襲った時は、イラク軍もぺシュメルガも逃げてしまった。国内避難民としてアルビルで避難生活を送っている。

 「投票には行かない。僕たち少数民族にとっては、アラブもクルドも守ってくれないんだ。早くイラクを出て、ヨーロッパに行きたい」

 彼の兄と、弟は既にドイツで難民生活を送っている。

 翌日「選挙にはいかなかったんだよね?」と確認すると、「友達が集まっていたので、様子を見に行ったら、声をかけられて、投票してしまったんだ」

 「でNOに?」

 「いや、それがYES に○をしてしまった。何と言うか、勢いなんだ」

 投票権を持たないシリア難民の中にも投票した人がいた。難民たちはクルド自治政府に追い出されないように、気を遣いながら暮らしており、KDPや、PUKといった政党の党員になるケースも多いのだ。

 集会には、難民キャンプからバスで動員されていた。JIM-NETが支援している小児がんの病院では、モスルから避難しているという患者の指が青く染まっていた。

 「アラブ人なのに?クルド独立に賛成なのか?」

 モスルや、バグダッドから、より良い治療に期待して、クルド自治政府の病院にやって来る患者たちは、アラブ人でも、クルドにありがとうという気もちを込めて投票に行ったのだと言う。もちろん、投票権はないにもかかわらず・・・。

夢は終わった

 クルド人たちは、現実はさておき、「いつかは、自分たちの国を持つ」という夢に投票した。

 投票権を持たない人々も、クルド自治区が自分たちに与えてくれた安全や、医療や教育、ビジネスという恩恵に敬意を込め、あるいは、ISと戦うペシュメルガにエールを送るために勢いで投票した。

 お祭り騒ぎが繰り広げられた。しかし、国際社会はクルドに対してはあまりにも厳しかった。

 ただし、今まで虐げられ国を持てなかった民族だからこそ知恵もある。

 「戦闘の継続はどちら側にも勝利をもたらさず、国を無秩序と混乱に陥れる」として、住民投票の結果を凍結してまでも話し合いの場を作ろうとしていることだ。

 しかし、10月26日、イラク中央政府のアバディ首相は「投票の無効化しか受け入れない」という声明を出し好戦モード全開といった感じである。

 今こそ「積極的平和主義」を掲げる日本が外交的に間に入り、対立に終止符を打ってほしい。

筆者:佐藤 真紀