■難しい?いえいえ、聞いたことのある単語です。「杜撰」って読めますか?

知っている言葉でも、漢字で書かれると読めないもの、けっこうありますよね。

これまでの「意外と読めない」シリーズでは、「匿う」、「続柄」、「漲る」、「戦ぐ」、「間髪をいれず」、「偶々」、「態々」、「祝言」、「健か」、「湯湯婆」、「不束」、「長閑」といった、読めそうなのに読めない漢字を出題してきましたが、今回はこちらの漢字です!

「杜撰」って、読める?

「杜」も「撰」も見たことない?

でも、この単語はきっと聞いたことがあるはずですよ!

■正解率、24%!

CanCam世代の女子に読み方を聞いてみた結果がコチラ!

みなさん大苦戦!
正解したのは4人に1人以下という結果になりました。

いくつかみなさんの回答をご紹介します。

「しゃせん」…おそらく、それぞれの漢字が「社」と「選」に似ていることからでてきた回答! 発想はナイスですが、残念ながら不正解です。

「びわ」…楽器ではなく、果物の方の「びわ」がこんな感じだったかな?ということで寄せられた回答。ですが、果物の「びわ」は「枇杷」と書くので不正解です。

「かきつばた」…実はかなり惜しかったのがこちらの回答! 「かきつばた」とは5〜6月に紫色の花を咲かせる植物なのですが、漢字で書くと「杜若」となります。
最初の一文字が合っていたため、ある意味一番正解に近かったかもしれません。

では、読めない人のためにここでヒント!

あまりにグダグダなプランを立てていると、「杜撰な計画だな」とあきれられてしまうかもしれませんよ?

みなさんは、読めましたか?

■答えは…コチラ!

正解はコチラです!

「ずさん」でした!

「物事がいいかげんで、誤りが多いこと。また、そのさま」(『デジタル大辞泉』より引用)という意味でおなじみのこの単語。

みなさんも、「管理が杜撰だな!」のように怒られた経験はありませんか?

元々、「杜」とは「杜黙(ともく)」という人の名前を表し、「撰」は詩文を作ることを意味します。
昔の中国、宋の時代にいた「杜黙(ともく)」という人の書いた詩が、あまりに詩の作り方のルールから外れてばかりいたという昔話から、「いい加減」を意味する「杜撰」という言葉が生まれました。

杜撰な勉強や仕事をしないように、お互い頑張りましょうね!(薄井大輔)

★さぁチャレンジ!漢字クイズ一覧