「一人多職」の重要性を、転職エージェントの仕事を通じて痛感してきた森本千賀子さん(撮影:梅谷秀司)

「起業」という言葉は、起業家のためだけにあるものではない。「業(なりわい=仕事)を起こすこと」は、組織の中でもできる。いやそれどころか、新しいビジネスを生み出さなければならない組織人にこそ必要とされるアクションだろう。
さあ立ち上がれ組織人。今、あなたの立場で、業は起こせる。それも、上手にやれば大規模に。本連載では、会社をはじめとする「大組織」で、“変わり者”だと思われても“変えること”に挑み、新たな仕事をつくり出す「組織内変人」を紹介する。


この連載の一覧はこちら

志望した会社(組織)に入れなかった。希望の職種に配属されなかった。でも、生活していくためには、やりたくなくても目の前のことをやるしかない。ああ、自分は定年までずっと、この仕事を続けなければならないのだろうか……。

平均寿命が伸長し、「人生100年」といわれる時代、働く期間も長くなりつつある。その間、つらい仕事「一職」に従事し続けるほど息苦しいことはない。

そこで今日は、「人生は一度きり! やりたいことは全部やっちゃえ!」とばかりに、一人で「多職」を実践している変人をご紹介しよう。

「一人多職」のスーパーエジェント

1枚、2枚、3枚、4枚、5枚……。

「普段から全部配っているわけじゃないですよ。今日はあえて持ってきたんです(笑)」

そう言って、人懐っこい笑顔で次々に種類の異なる名刺を取り出したのは、森本千賀子。転職エージェントを生業としながら、自ら起こした会社「morich(モリチ)」の経営、NPOの理事、他社の社外取締役など、複数の仕事に携わる女性だ。

インタビュー開始前、机の上には「トランプ」ができるくらい多種多様なカードが机に並んだが、森本さんが一番初めに手にしたのは、リクルート人材センター(現リクルートキャリア)の名刺だった。彼女は同社で累積売上高歴代トップを誇る伝説の営業ウーマンだ。NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」に取り上げられるなど、業界でその名を知らない者はいない。そんな彼女だが、実は今年9月にリクルートを去っている。約25年勤めたリクルートでのキャリアを振り返ってもらった。

森本さんが社会人としての第一歩をリクルート人材センターで踏み出したのには、2つ理由がある。

1つ目の理由は、経営をめぐって「人」の問題で苦労している父親の姿を見てきたからだった。

「私が小学生のときに、父が脱サラしました。中小企業の経営を始め、『人、物、カネ』に苦労していましたが、なかでも『人』のことで骨を折っていました。なかなかよい人が採用できないとか、採用できたと思ったらすぐに辞めちゃうとか……。そんな父の背中を見ていたので、自分がいざ就職するとなったとき、『人』に関することで、父が営んでいたような中小企業を応援したいと思いました」

2つ目の理由は、日本でも「転職」が当たり前になる日が訪れることを、学生時代から予期していたからだ。

「大学3年生のとき、図書館で勉強していてたまたま1冊の本が目につきました。当時(1990年代初頭)日本はまだ終身雇用制が主流で、新卒で会社に入れば、給料もポストも右肩上がりのまま、定年まで勤め上げられるイメージがありました。でも、その本には、すでにアメリカでは自分のバリューを高めて、転職するのが当たり前で、ヘッドハンターや転職エージェントという職業があることが書いてありました。だから、いつか日本にもそんな風景が当たり前になる日がくるんじゃないかなと思って、行き着いたのがリクルートのグループ会社でした」

こう考えた森本さんは、まだ日本ではマイノリティで、ほとんど知られていなかった転職エージェントという職業を選んだ。リクルート親会社と子会社の両方の内定をもらいながらも、周囲の反対もよそにあえて子会社に決めたのはそんな背景からだ。

理想とのギャップに悩まされた日々

今世間を見渡せば、森本さんの先読みが正しかったことは明らかだ。彼女が入社した1993年当時、全国にわずかしか存在しなかった転職エージェントは、現在2万社を超えようという勢いだ。

しかし、当時まだマイナーな転職エージェントとして働き始めた森本さんは、頭の中で描いていた理想とは裏腹に、入社早々に厳しい洗礼を受けることになる。


森本千賀子(もりもと ちかこ)/1970年生まれ。獨協大学外国語学部英語学科卒。1993年リクルート人材センター(現リクルートキャリア)に入社。転職エージェントとして、企業の人材戦略コンサルティングや採用支援サポートを手がけた。2017年3月、株式会社morichを設立、代表取締役に就任。同9月、25年在籍したリクルートを卒業。(撮影:梅谷秀司)

「私が入社した頃、オフィスは(今ある銀座のビルと違って)雑居ビルにありました。それで、先輩に『リクルート本社はきれいなビルなのに、うちはなんでこんなに汚いビルなんですか?』と聞いたんです。そうしたら、先輩から『そんなの、当たり前じゃないか。転職っていうのは、親兄弟はもちろんのこと、先輩、後輩、友人、知人、知ってるヒトに見つからないようにこっそりやるもんなんだから。目立つきれいなビルに入ってたらダメだろ』と言われて、『そうか、転職は周りをキョロキョロしながらやるんだ』と思ってショックを受けました(笑)」

「エージェント」と言っても誰もわかってくれないし、転職はひっそりと人目を忍んでやるものだと教えられ、森本さんはその仕事に携わっている自分に存在価値があるのか、自信を失いかけたこともあった。そんな彼女に、追い打ちをかけるような出来事が起きる。

「働き出してまもない頃はまだインターネットがない時代。(転職希望の依頼主に)電話で自宅に連絡するんですよ。すると、奥様が出られて、すごい剣幕で怒られるなんてことは日常茶飯事でした。『私は、どこどこ企業(有名企業)の主人と結婚したの! だから、変なところに転職させないで!』みたいなことを言われたのを今でもはっきり覚えています。だから、昔はよく電報を書いて、ばれないようにこっそり送ってましたね(笑)」

今でこそ転職をめぐる景色は大きく変わり、当時の大変な苦労話を笑い話にできる森本さんだが、新入社員時代はいきなり「ジョーカー」を引いたのではないかと思うこともあっただろう。しかし、彼女は周囲の価値観に惑わされることなく、自ら信念を貫き、新しい道を切り開いていく。

ブレイクスルーの瞬間

リクルートグループには、「新規開拓」の文化がある。入社すると、最初は先輩から数社の引き継ぎがあるものの、「ゼロ・アセット(資産ゼロの状態)」からスタートするのが原則だ。森本さんも、その例外ではなかった。

「アプローチ候補をリストアップして、電話して、アポイントを取って、訪問へと進めていくのですが、どんなに営業力があっても、まず百発百中ということはありません。確率で言うと、受注できるのは10%以下でした」

森本さんが会社に入ってからしばらく、営業に悪戦苦闘する日々が続いた。しかし、ひょんなことから森本さんは「これだ!」という仕事の手応えをつかむ。

「あるとき、銀行に勤めていた大学時代の友人が、私のことを思い出して連絡をくれたんです。その友人のお客さまの中に、食品スーパーのオーナーさんがいて、人事部長が辞めてしまって困っているとのことでした。そこで、さっそくその食品スーパーに伺ったところ、友人が事前に私のことを「信頼できる人だ」とポジティブなところをオーナーさんに伝えてくれていたので、いきなり握手を交わすところから始まり、流れに乗って、すぐにお仕事をいただけることになりました」


転職が当たり前ではなかった時代、転職希望者の家族から転職エージェントにクレームが入ることも多かったという(撮影:梅谷秀司)

この経験を通じて、今でいう「紹介営業=パートナーセールス」の原型を作っていった。森本さんは普段から人の役に立つことを考えて行動に移し、地道に信頼関係を築くことに努めるようになった。すると、周りの人が人材のことで相談したいと思ったとき、真っ先に「森本」という名前を思い出してもらえるようになっていった。

「もともと『人が困っているときこそ、私の出番!』と思う性分でしたが、人がやりたがらないことに対して、積極的に買って出るようにしました。新入社員時代は大して役に立たないので、会議室を予約したり、お弁当の買い出しに出掛けたり、会議で議事録をとったり、飲み会で幹事に名乗り出たり……。自分に何かできることはないかなと思い、単に言われたとおりにするだけでなく、印象に残してもらえるようなひと工夫を考えるようにしました。すると、『森本って思ったより、役に立つじゃん』と思い出してもらえるようになりました。その結果、いろいろな場面で呼んでいただき、しだいにビジネスチャンスが広がっていきました」

転職エージェントとして20年以上にわたり多くの案件に携わってきた彼女だが、クライアントだった「ある人」とのエピソードが特に印象に残っているという。

「約20年前ソフトバンクさんの担当で、孫(正義)さんがクライアントでした。あるとき、孫さんから『今回新しいことを始めようと思っていて、相談したいことがあるのですが』と言われました。私が『何でしょうか?』と聞き返すと、『森本さん、ヤフーって知ってる?』と言われたんです」

そのとき、孫さんはヤフーのスターティングメンバーを採用したいと考え、森本さんに相談を持ちかけた。ところが、森本さんは、「インターネット」という言葉もそこで初めて聞いたぐらいで、孫さんから「検索エンジン」と言われても、てっきり「車のエンジン」を造る会社かなと思っていたという。

それから、ほんの数年で「インターネット」が世界を席巻し、「ヤフー」は瞬く間に超有名企業となった。同時に、プログラマーやエンジニアなどのIT人材に対する需要が飛躍的に伸張していったことは誰もが知るところだろう。

「今の時代、数年先には景色がガラッと変わる可能性があります。世間で言われるように、AIに代表されるようなテクノロジーが進歩することで、これまで存在していた仕事がなくなったり、これまで存在しなかった仕事が生まれたりすることが、普通に起こりえます。そういう意味でも、複数の選択肢を持っておくというのも、私はキャリアを考えるうえで重要なことだと思っています」

森本さんはこうした経験からも、一人多職として複数の「切り札」をそろえることの重要性を認識するようになったのだろう。

第2子誕生がターニングポイントに

紹介営業に開眼しメキメキ頭角を現し始め、トランプでいうと切り札・「A(エース)」になった森本さん。やがてマネジメント職に就き、「Q(クイーン=女王)」として多くの部下の管理にあたることになる。

もともと、組織マネジメントに興味があった森本さんは、部下の育成やチームビルディングに燃えていた。第1子を生んだ後も、夫のサポートがあったので、やりがいのある仕事に取り組むことができた。ところが、2010年に予期せぬ出来事が起きる。

「第2子を生んだ途端、夫が単身赴任になってしまいました。そうなると、月曜から金曜まで夫は不在、いわゆる“ワンオペ育児”状態です。加えて私の実家は関西なので、親のサポートも日常的には得られず、さすがに組織マネジメントは無理だなと思いました。そこで、思い切って『転職コンサルタント』という自己完結型の仕事にシフトすることにしたのです」

いつも願いがかなうわけではない。時には、「変化適応力」も重要だと言う森本さんは、自分で時間をコントロールしにくい仕事への思いを断ち切り、自分で時間をコントロールしやすい仕事で自分の価値を高めていこうと決断する。

「私は、夫や周囲からよく『反省しない』と言われるんです(笑)。いつも『反省するエネルギーがあるくらいなら、前だけを見て長所を伸ばそう!』って思うんですよね。でも、そうしたら、やっぱり持て余しちゃったわけですよ(笑)。それまでは、100人近い社員のマネジメントに携わっていたので、そこに燃やしていた情熱をどこに向けようかと思っちゃって(笑)。そこから、会社の外にも目を向けるようになっていったんです」

このときを境に、森本さんは活動範囲を社外へ広げ、書籍の出版、講演、メディアへの出演など、対外的な情報発信にも積極的に取り組み始めた。

転職コンサルタントとしての研鑽(けんさん)を積んでいくうちに、森本さんは転職だけでなく、もっと広範囲の「人」の課題に応えたいと思うようになる。

「クライアントにヒアリングすると、そこで出てくる課題解決の方法は人材紹介だけじゃないんですよね。新卒採用、中途採用、それに、採用だけじゃなくて、教育、研修、人事制度設計などなど、いろいろなニーズがあります。そのようなご相談をいただく度に、自分が提供できるソリューションの範囲が『すごく狭いな』と痛感していました」

森本さんは、その都度それぞれの課題を解決できそうなパートナーを紹介していたが、いつも「あとはヨロシク!」になってしまうことが気掛かりだった。そこで、もっと責任を持って取り組もうと考え、会社経営者の名刺、言うなれば「K(キング)」のカードを持とうと決める。

「ターニングポイントとなった第2子の誕生日と同じ3月3日に、“morich(モリチ)”という会社を今年設立しました。社名の由来は、『森本千賀子』の愛称『モリチ』ですが、同時に“ch”に『チャネル』という意味を込めました。チャネルには、『海峡』や『運河』の意味があり、昔はチャネルの先には、町や村が栄え、強い文明があったといわれています。お仕事をご一緒させていただく方々の成長や繁栄につながるように、私たちの会社がチャネルになろうという想いを込めたのです」


森本さんの持つ5枚の名刺。彼女はパラレルキャリアの先駆者ともいえる(撮影:梅谷秀司)

こうして、森本さんは、人と人を結ぶ「転職エージェント」から、人だけでなく企業と企業、想いと想いを結んで、新しい「ケミストリー(化学反応)」を生み出す「オールラウンダーエージェント」へと進化を遂げていく。さらにNPOの理事や社外取締役も兼務し、5つのカードを自在に操りパラレルキャリアを実践していく。

2017年9月、リクルートを卒業

さかのぼること今から20年以上前、リクルート人材センターの入社式を迎えた森本さんは、先輩からこう言われた。

「森本、お前は今日からリクルートの看板を背負ったつもりでいるだろう」

森本さんが「はい」と応えたのに対し、先輩は続けた。

「会社の看板を背負って仕事することだけはやめろ。たとえ、会社のロゴが変わろうと、看板がなくなろうと、相手から“リクルートの森本”ではなく“森本”個人に仕事を頼みたいと思われるようにならないとダメだぞ。そういう自分ブランドづくりを意識しろ」

このときの先輩の教えを守り、固有名詞で仕事ができるようになった今、森本さんはある決意をした。

「リクルートを卒業(退社)します」

10月初旬に開かれた森本さんの新会社の設立パーティには、森本さんの門出を祝うため約400人が祝福に駆けつけた。大勢のゲストのまなざしの先には、赤いドレスを身にまとい、これからまた新たな挑戦に踏み出そうとする森本さんの姿があった。