6本のシュートを放った杉本だが、ノーゴールに終わった。(C)SOCCER DIGEST

写真拡大

[J1リーグ31節]C大阪2-1大宮/10月29日/金鳥スタ
 
「今日は違うでしょ」
  白星を飾った大宮戦のあと、C大阪の杉本健勇は集まる報道陣に苦笑いを浮かべながらこう言った。

 記者から「自分の日ではなかったか?」と聞かれると、今度は「間違いなく」と返答する。
 
 たしかにこの日、背番号9は6本のシュートを放ってノーゴールに終わったのだから、先述のやり取りも納得できる。クロスに合わせては枠を外し、ドリブルからフィニッシュに持ち込んでもGKに当てていた。
 
 最大のビッグチャンスは80分のシーンだ。山口蛍から入った縦パスがゴール前にいた杉本の足もとに渡り、余裕があったものの、またしてもシュートはGKの正面。その場面については本人も「ドフリーやったからなぁ」と唇を噛む。
 
 反省する長身FWだが、「後悔しても時間は戻ってこないし、前に進むだけ。チームが勝てたことが一番良かった」との言葉からも分かるように、あれだけの決定機を外しながら気持ちの切り替えができている姿も印象的だった。
 
「そういう時もある」とも述べて、前を向ける理由は、語気を強めた次の言葉に凝縮されているかもしれない。
 
「なにより、みんなが俺のことを見てくれているのはすごく感じた」
 
 右サイドの水沼宏太からクロスが来れば、左サイドの清武弘嗣からスルーパスをもらう。そのほかの選手も、杉本の動き出しを常に見ていて、ストライカーとしてそこに嬉しさを感じたのだろう。
 
 実際、試合後にはソウザが「健勇を探してパスを出した」と言えば、清武は「健勇に得点を取らせようという意識が強く出た」と口にしていた。ふたりとも「得点王争いをしているので」と理由を述べる。
 
 その得点王争いだが、現在2位につける杉本の19ゴールに、川崎の小林悠が並び、20得点で浦和の興梠慎三がトップに立っている。
 
 残り3試合で依然混戦が続く得点王レース。チームメートからのサポートが約束された杉本は、果たして残り試合でいくつゴールを積み上げられるだろうか。
 
取材・文:志水麗鑑(サッカーダイジェスト編集部)