昨年、デルタ航空から発表され、話題をさらったのが全席個室タイプとなったビジネスクラス「デルタ・ワン スイート」。

本日10/30(月)のデトロイト発成田行き便でデビューする「デルタ・ワン スイート」は、“次世代のビジネスクラス”と言い切っても過言ではないほど、快適なフライトを提供してくれる。

注目の「デルタ・ワン スイート」と合わせ、長距離国際線のビジネスクラスとエコノミークラスの中間に新しく設ける「デルタ・プレミアムセレクト」もご紹介。

海外出張が多いビジネスパーソンや、旅行好きな人は要チェックだ!



「デルタ・ワン スイート」イメージ
アメリカへのフライトが快適に!
デルタ航空が提案する“次世代ビジネスクラス”はこれだ!

デルタ航空の長距離国際線やアメリカ大陸横断路線の最上位クラスである「デルタ・ワン」を進化させたのが「デルタ・ワン スイート」。

「快適性・プライバシー確保の向上」をコンセプトに作られた、これまでの概念を覆すビジネスクラス。

今年4月、ドイツ・ハンブルグで開催された「2017航空機インテリア・エクスポ」で、「デルタ・ワン スイート」はクリスタル・キャビン賞を受賞。

計7部門あるうちクリスタル・キャビン賞は最高峰と称されており、「革新的なキャビン・コンセプト」として高評価を獲得したほどなのだ。



※イメージ
全席個室でプライベート空間を満喫できる!

短い距離であれば隣の人との間隔が狭い限られた機内空間も気にならないが、何十時間もかかる長距離移動となると、じわじわとストレスが溜まってくるもの。

隣に座るのが恋人や友達、家族であればまだ良いのだが、これがちょっとガサツな他人が座り気になり始めると、残りの時間がただ苦痛でしかなくなる…。

それならファーストクラスを取ればいいじゃないか!という人も居るかもしれないが、そうなかなか乗れない人だっている。

「デルタ・ワン スイート」は、まさにそんな人たちにとっての救世主なのだ!



「デルタ・ワン スイート」イメージ

それぞれのスイートがプライベート空間となるよう、座席のヘッドレストと同じ高さのスライド式ドアで仕切られた「デルタ・ワン スイート」。

仕切りは設置されているがスライド式なので、隣の席がパートナーであれば、仕切りを開けて空間を共有できるのもポイントが高い!



快適性も重視した作りにも注目!

窓際だけでなく、中央の席でも、全席が直接通路にアクセスできるように設計されており、各スイートをストレスなく出入りすることができる。

細部にまで徹底的にこだわり、使い勝手の良さを突き詰めたシートは、これまでの業界基準を超えた逸品に。



ウェスティンホテルが特別に開発した機内用ヘブンリーベッド寝具

8年前から導入しているフルフラットベッドシートを、「デルタ・ワンス スイート」でも採用。

今までのものから進化し、ベッドの全長は1m93cm〜最大2m5cm、幅は55cm〜60cmと、一段と大きなゆとりを確保。

寝返りをうてるだけでなく、グーッと身体を伸ばしても余裕を持って寛げるサイズに仕上がっている。



スイート内にはユニバーサル電源、高性能USBポート、スライド式の読書灯も。照明は個別に調整が可能なのも嬉しいポイントだ!

各スイートにはパソコンやヘッドフォン、靴の収納スペース、米国航空会社最大の18インチ高解像度個人用モニターなども用意。

高級感のある内装に仕上げた空間で、周囲からの視線をシャットアウトして、一人旅なら一人の、恋人との旅行なら二人だけのプライベートな時間を楽しめる。

これまでのビジネスクラスから何ランクもアップした、「デルタ・ワン スイート」ならではの快適な時間を過ごしてみて!

さらに詳しく知りたい人はこちらでチェック!
URL:https://ja.delta.com/content/www/en_US/
traveling-with-us/onboard-experience/delta-one-
business-class.html




エコノミーでもワンランク上の快適な長距離フライトを提供

「デルタ・ワン スイート」と同じく本日デビューするのが、デルタ航空初となる本格的なプレミアムエコノミー「デルタ・プレミアムセレクト」。

「デルタ・プレミアムセレクト」の座席はシート幅も広めに設計されており、思いっきり足を伸ばして寛ぐことができるリクライニングに、調整可能な折りたたみ式のフットレストとレッグレストも完備。



さらに、各座席には最大13.3インチのエンターテイメント用の高解像度スクリーンを設置。

日本語で見られる映画だけで100タイトル以上、英語で観る映画を入れると300本以上にも及び、ラジオ番組10本以上、CD音源5,000曲以上が鑑賞できる「デルタスタジオ」を楽しむことができる。

一段と快適さを増したデルタ航空で、今までとは違った充実したフライト体験を。

さらに詳しく知りたい人はこちらをチェック!
URL:https://ja.delta.com/content/www/en_US/
traveling-with-us/onboard-experience/delta-
premium-economy.html




デルタ航空について

デルタ航空は年間約1億8,000万人以上の搭乗者数と広範なネットワークを持つ航空会社。

フォーチュン誌の「2017年世界で最も賞賛される企業リスト」の航空業界部門において、7年間で6度目の1位を獲得。「世界で最も賞賛される企業」トップ50社、米ビジネストラベルニュース誌調査で初の6年連続トップにも選ばれている。

アトランタ、ボストン、デトロイト、ロサンゼルス、ミネアポリス/セントポール、ニューヨーク(ラ・ガーディアおよびJFK)、ソルトレイクシティ、シアトル、アムステルダム、パリ(シャルルドゴール)、ロンドン(ヒースロー)、東京(成田)をハブ空港および主要マーケットと位置づけ、提携航空会社と合わせて一日に1万5,000便以上フライトを運航している。



ビジネスクラスの座席には耳栓やアイマスク、Kiehl’s Since 1851®のリップバームNo.1、高級ハンド&ボディローションなど、旅行に欠かせないアイテムが揃ったTUMIアメニティキットが用意されている

「デルタ・プレミアムセレクト」を利用すると、Malin+Goetzのトラベル用スキンケア製品や靴下、アイマスク、耳栓などが入ったTUMIのアメニティキットが用意されている

「デルタ・ワンス スイート」

「デルタ・プレミアムセレクト」