決勝戦フェデラーvsデル ポトロ、第1セットはデル ポトロが先取。ギリギリの攻防続く[スイス・インドア]

写真拡大

「スイス・インドア」(10月23日〜10月29日/スイス・バーゼル/室内ハードコート)決勝で、過去7回タイトルを獲得した第1シードのロジャー・フェデラー(スイス)と、2012年と2013年に優勝している第4シードのフアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)が対戦中。デル ポトロが7-6(5)で、第1セットを先取した。

試合は、高速テニスの両者が激しい主導権争い。フェデラーはデル ポトロのフォアハンドを警戒し、少しやりにくそうな展開。デル ポトロが強烈かつコースの読めないフォアハンドを繰り出し、フェデラーは珍しく逆をつかれたり全く動けないシーンが目立った。

第7ゲーム、フェデラーのリターンゲームは30-0からブレークチャンスに。それでもフェデラーの攻撃を凌ぐデル ポトロに、度重なるデュースの後、フェデラーはブレークし切れず。

一進一退の攻防は第9ゲームに動く。デル ポトロのサービスゲームにフェデラーが2本のパッシングショットを決め、40-15のブレークチャンス。またもデュースに戻されるも、再びクロスのパッシングショット、フォアのダウン・ザ・ラインを繰り出し、粘るデル ポトロから最高のタイミングでブレーク。

ところが、それでもデル ポトロは簡単にはセットを取らせず、直後の第10ゲームをあっさりブレークバック。フェデラーは悔しそうな表情を見せた。

息詰まる第1セットは、タイブレークで決着へ。会場がどよめく素晴らしいラリーも経て、大事なところで僅かに上回ったデル ポトロが、何とか先取した。

試合は現在、第2セットに進んでいる。

(テニスデイリー編集部)

※写真は地元優勝を狙うフェデラー
(Photo by Harold Cunningham/Getty Images)