@AUTOCAR

写真拡大 (全6枚)

フェラーリFXX-Kエボとは?

フェラーリは、FXX-Kエボを発表した。

「エボ」は、FXX-Kのオーナーに向けたアップグレード・パックと、ごく少数の新車生産という2通りの方法で提供される。


このパッケージは、FXX-Kの空力と車重を改善するもので、
 ダウンフォース:830kg(最高速で走行時)
を記録。標準車となるFXXよりも23%高められ、ベースとなるラ フェラーリと比較して75%も向上している。

200km/h走行時でもダウンフォースは640kgに達するというから、空力はGT3のチャンピオンシップカー並みということになる。
 

FXX-Kエボ エクステリア


主な外観の変更点は、エアロダイナミクス性能を求めたフロント/リアエンドの改良だ。

フロントホイールの前に追加した
 エアインテーク
 ヴァーティカル・ターニング・ベーン
によりダウンフォースは10%向上。フロントブレーキ冷却用エアインテークも再設計されている。


リアセクションには、固定式ウイングを設置。アクティブ・リアスポイラーと複合的に機能する仕組みとなった。このスポイラーを制御するソフトウェアも、空力を最大化するように改良をくわえたという。

さらに、車体後部からリアエンドに向かって “垂直尾翼” のようなセントラルウイングが設置された。また、リアセクションのエアフローを整えるために、車体表面にボルテックス・ジェネレーター(乱流翼)をマウントしたのも大きな特徴だ。
 

インテリア、サスペンションも変更


インテリアは、ステアリングホイールを変更。やや大ぶりになったインフォテインメントスクリーンは、新型のテレメトリーシステムを採用している。


シャシーについては、空力向上に対応すべくサスペンションの改良などが行われた。

なお、FXX-Kと同様に、FXX-Kエボもサーキットユース専用モデルとなっている。