28日、香港メディアの鳳凰網が、日本の0歳児のおよそ2割が、ほぼ毎日スマートフォンを見ていると伝えた。資料写真。

写真拡大

2017年10月28日、香港メディアの鳳凰網が、日本の0歳児のおよそ2割が、ほぼ毎日スマートフォンを見ていると伝えた。

日本で今年3月に行われた調査は、東京、神奈川、千葉、埼玉の首都圏に住む生後6カ月から6歳までの子供を持つ3400人の母親を対象に行われた。それによると、スマホを持っている人は92.4%に達した。

「子どもは家庭で1週間あたりどれぐらいスマホを見たり使ったりしているか」との質問に対し、「ほとんど毎日」と答えた0歳児の親は20%に達した。これは4年前の調査時の3.5%と比べると大幅に上昇している。

このほか、71.4%の人が子供にスマホを使わせると回答しており、そのうち33.7%の人は「外出先での待ち時間」に使用すると回答、29.7%の人が「子どもが使いたがるとき」と答え、「子どもが騒ぐとき」が23.5%だった。(翻訳・編集/山中)