ダンサー・KANATA

写真拡大

ダンスイベント「ICE CREAM」を主催するダンサー・千尋が、第2弾となる振付動画を公開した。自身も現役ダンサーとして、欅坂46、ハロプロ、E-girlsメンバーなどの指導やアイドルの振付に携わる中、海外のダンスシーンでは主流の“自作のダンス動画の投稿”を日本でも広めたいという想いで制作された映像になっている。

【写真を見る】KANATAの女性らしさを存分に生かしたセクシーなダンスに注目!

本動画は、「シカゴ」や「バーレスク」の映画の世界観を再現するようなセクシーな振付と衣装に、初代POLE KING JAPANであるIGが見せるポールダンスのシーンも効果的に使われたラグジュアリーな作品。第一線で活躍するダンサーが出演する中、センターで踊るフィメールダンサーの存在が話題になっている。

このダンサーの名前はKANATA。現在、名実ともに注目を浴びている若手ダンサーで、昨年は三浦大知の「Cry & Fight」のMV出演。「DAICHI MIURA LIVE TOUR (RE)PLAY」のツアーにダンサーとして出演。さらに、今年はw-inds.の「LIVE TOUR 2017“INVISIBLE”」に、8年ぶりに起用される女性ダンサーとして選抜されるなど、有名アーティストからも一目置かれるダンサーになっている。

子供の頃からダンスを習い、さまざまなジャンルを体得してきたKANATAは、ベーシックがしっかりしており、JAZZもHIPHOPも踊れるダンサーだ。上記のアーティストのファンからも、「あの女性ダンサーかっこいい!」と注目を浴びるほどで、女性らしい表現もできるし、男性ダンサーと混ざっても違和感のないHIPHOPを踊ることもできる。

KANATAの実力は有名ダンサーも認めていて、安室奈美恵の振付並びにバックダンサーとして活躍したMITTAN、三浦大知ダンサーとしても有名なs**t kingzのNOPPOとOguri、本記事で紹介している動画を制作した千尋といった面々から高評価を得ているようだ。

今作では、女性らしさを存分に生かしたダンスを披露している。このようにアーティストのバックダンサーは、ライブでは見られない自身の得意とするダンス動画や作品をリリースしているので、アーティストのライブでダンサーに興味を持った際には、そのダンサーを深く掘り下げてみて欲しい。