犬の服従とは?

そもそも「服従」とは、自分と主従関係が成り立っている上の立場の相手に対し、指示された命令や意図に従って行動することを意味しています。

この服従には2パターンあり、1つは「あなたに逆らう気はありませんよ」という本来の服従心の表れです。

そして犬にはもう1つの「服従」の心理が見られます。そのもう1つとは、「あなたのことが大好きです」という愛情から来る服従です。「あなたのことが好きだから、あなたのいうことはしっかり聞きますよ」という気持ちなのです。

犬が服従している時に見せる仕草

ここまで服従の意味、そして服従している時の犬の心理について簡単にお話しさせて頂きました。ここからは犬が服従している時にどのような仕草を見せているのかをご紹介しますので、普段の愛犬の行動と比較してみましょう。

1.お腹を見せる

まずは王道とも言われる「お腹を見せる」という仕草です。この仕草には最初に紹介した2パターンの服従心が見られます。

もしもただ単にお腹を見せているのであれば、愛情から来る服従と捉えることができます。お腹というのは犬にとって弱点となる部分でもあります。この場合は弱点を見せることで、「あなたのことが大好きです」「あなたのこと信頼していますよ」という意思表示となるのです。

しかしお腹を見せてそっぽを向いていたり、尻尾が丸まっている場合には、「降参です」「あなたに逆らう気はありません」という意味が込められています。

例えば叱られている時など、何か不穏な空気を感じ取った際、この仕草をすることで弱点を飼い主に見せ、このような意思表示を示すのです。

2.円を描くようにゆっくり近付く

続いて真っ直ぐこちらに向かってくるのではなく、円を描くようにゆっくりと近付いてくる仕草です。この仕草のポイントは、円を描くように向かってくる際に、脇腹を見せながら近付いてくるというところにあります。

先ほどもお話しした通り、脇腹お含めたお腹という部位は弱点となります。その弱点を見せながら近付いてくることで、「あなたに敵意はありません」「しっかり言うことを聞くので怒らないでください」という意味が込められています。

3.伏せをする

伏せをした状態でこちらをジッと見つめてくるのは、飼い主のことをリーダーとして認めている証でもあります。伏せをすることで「あなたに敵意はありません」「指示を聞きますよ」という意味を表しているのです。

この際、アイコンタクトを取っているかどうかも重要となります。飼い主に対して見つめるという行為は愛情を表現しています。つまり、アイコンタクトを取りながら伏せをするということは、飼い主のことを信頼しているからこその服従なのです。

このようにこの仕草は服従を相手に伝える際にも使われますが、他の犬に会った際、上記と同じように相手に敵意がないことを示し、仲良くなろうというアピールをする際にも使用される仕草です。

4.顔を舐める

愛犬が何もないのに顔を舐めてくるということはありませんか?この仕草も実は服従を意味することがあるのです。しかしこの仕草は、元々子犬が母犬に対して行う行為であるため、愛情表現でもあります。

飼い主のことを母犬のように思っており、「あなたのこと信頼していますよ」「大好きですよ」という愛情から、「言うこと聞きます」という服従の意味もあるとされています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。このように服従には本来の服従としての意味はもちろん、愛情から来ている服従の意味が含まれていることも多いです。特に犬と人間(飼い主)は信頼関係で結ばれていることが多いので、服従しているということは信頼していることの証でもあります。

ぜひ愛犬に信頼されている飼い主になれているか否かの確認としても、この仕草を行っているか観察してみましょう。