【東京モーターショー2017】はたらくクルマも充実!マニアックモデルBest10

写真拡大 (全19枚)

コンセプトカー編、市販確実モデル編と、駆け足しで第45回東京モーターショーの出展車両をご紹介してきましたが、最後にご紹介するのは商用車をはじめとした、ちょっとマニアックなモデルたち。

華やかなスポーツカーや高級サルーンのコンセプトモデルに比べると、やや地味な存在ではありますが、商用モデルなどを間近で見られるチャンスはそう多くありません。今回の東京モーターショーでは、最新の大型トラックほか、バラエティに富んだモデルが展示されています。たまにはじっくりとはたらくクルマやマニアックなモデルを眺めてみるのも楽しいですよ!

◎トヨタ「JPN TAXI」

モーターショーに先駆けて発表、発売された、トヨタのタクシー専用車。「近代的な都市にも古き街並みにも馴染み、景観を美しく統一するデザイン」とトヨタが胸を張るエクステリアは、トヨタブースでも注目の的。

メカニズムはタクシー用に最適化されたもので、エンジンは1.5リッターのLPGエンジンにハイブリッドシステムの組み合わせ。駆動方式はFFを採用しています。

高齢者や車イスを使用する方など、利用者を問わないユニバーサルデザインで、ワイドな開口部を持つ後部スライドドアや良好な後席へのアクセス性は一度体験する価値アリです。また、広く快適なリアシート、普段はじっくり見る機会のない運転席なども会場でぜひチェックしたいところです。

◎トヨタ「SORA」

トヨタブースにディスプレイされているクルマの中でも、そのサイズとデザインにより存在感を放っているのが、燃料電池バスのSORA。今回のショーでワールドプレミアとなったSORAですが、注目すべきはそのメカニズム。燃料電池自動車の「MIRAI」向けに開発された“トヨタフューエルセルシステム”の採用で、走行中に二酸化炭素を排出しない、優れた環境性能を実現しています。さらに、大容量の外部給電システムも搭載しているので、災害時には電源としても利用できるそうです。

なんとも未来的なカタチをしたバスゆえ、純然たるコンセプトモデルかと思ったら、なんと! 2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、100台以上の市販モデルが東京都を中心に導入予定とのこと。市販型は2018年に発売予定とのことなので、間もなくは街を走る姿を見ることができそうです。

◎日産「パラメディックコンセプト」

はたらくクルマの中ではお馴染みの存在でありながら、乗る機会の少ないクルマといえば救急車ではないでしょうか。日産車体のブースに展示されているのは、2017年にマイナーチェンジを行った「NV350キャラバン」の高規格救急車仕様「パラメディックコンセプト」。

ベース車は「スーパーロング ワイドボディ車」で、超ハイルーフ仕様とすること救命救急作業に適したゆとりある室内空間を確保しています。また、日産が電気自動車技術の開発で培ったノウハウを活用。小型・高性能のリチウムイオンバッテリーを搭載することで、医療機器への安定した電源供給を可能にしています。

◎いすゞ「6×6」

商用車エリアでひと際目を引く存在がこの民生用トラック。そのネーミングどおり6輪駆動車で、高い走破力を実現するために、全輪にシングルタイヤを採用し、クラス最大の地上高を確保しています。

極寒の氷上や灼熱の砂漠など、過酷な悪路にも屈することなく“運ぶ”作業を支えるクルマをつくるのも、いすゞの使命、という考えに基づいたモデルで、特に日本では、自然災害への備えに有効。6×6は非常時のライフラインとなるのです。

ちなみに、いすゞでは、長年にわたって防衛省に人員や物資の輸送車両を納入していて、この6×6は、自衛隊の3トン半トラックの優れた悪路走破性や高い耐久・信頼性といったDNAを移植したモデルでもあります。その迫力と重厚感あふれるたたずまいは、一見の価値アリです。

いすゞ「mu-X」

かつては「117クーペ」や「ジェミニ」といった乗用車、「ビッグホーン」などのクロカン4WD製造も手掛けていたいすゞですが、現在の日本市場では、商用車専業メーカーという位置づけになっています。でも海外では、同社は乗用車の開発を継続しており、タイでピックアップトラックやSUVを製造しています。

このmu-Xは、タイで製造されるSUVで、アジアやオセアニア、中近東などで販売されているモデル。展示された車両は4×2の後輪駆動車で、エンジンには2016年に採用された、150馬力を発生する1.9リッターのディーゼルを搭載しています。輸出先によっては、2.5リッターや3リッターモデル、また、4WD車も設定されています。

SUV人気再燃の昨今だけに、ここ日本でも…という思いはありますが、法規の問題などもあるため、簡単にコトは運ばないのかもしれません。ともあれ、日本では知られていませんが、世界で活躍するモデル、認められているモデルに敬意を表したいと思います。

◎ボルボトラック「FHシリーズトラクタ」

トラックや建設機械も手掛けるボルボは、日本市場にも各種モデルを導入しています。今回のショーでは、ボルボトラックの最新仕様となるFHシリーズトラクタを参考出品しています。

重量物運搬やコンテナの牽引、長距離輸送で活躍する大型トラクタで、FHシリーズはボルボトラックのフラッグシップ。現行モデルのデビューは2012年ですが、年々、強化される規制に合わせて進化を継続。今回のショーで公開されたのは平成28年排出ガス規制に適合予定のEURO6エンジン搭載車で、排気量13リッター、最高出力540馬力を誇る直列6気筒エンジンを搭載しています。

衝突被害軽減ブレーキ付きアダプティブクルーズコントロールや、レーンキーピングサポート、レーンチェンジサポートなど、最新の安全装備も標準搭載予定で、その充実ぶりは高級乗用車と変わりません。ボルボらしいクリーンなインテリアも含め、はたらくクルマの最先端モデルに触れることができるのも、モーターショーならではです。

◎スカニア「R500」

東京モーターショー初出展となったスウェーデンのトラック・バスメーカーであるスカニアは、先頃モデルチェンジした新型モデルを日本初公開。世界的にプレミアムトラックブランドとして知られる同社ですが、2009年の日本法人設立以降、わが国でも重量物運搬をはじめとした分野で高い評価を得ています。

今回のモーターショーでは、ラベンダーカラーに塗られたトラクタ仕様の「R500」と、バン仕様の「G360」を展示。上級モデルのR500は、排気量12.7リッター、最高出力500馬力の直列6気筒エンジンを搭載しています。

北欧をはじめとするヨーロッパでは、トラックドライバー憧れのブランドともいわれるスカニア。その凛々しく堂々たる姿には、はたらくクルマ愛好家でなくてもくぎ付けになること間違いナシです!

◎日野「ポンチョEV」

日野自動車のブースはといえば、14年ぶりにフルモデルチェンジを行った大型トラック「プロフィア」、ダカールラリーに参戦した「レンジャー」など、今回も見どころもいっぱいです。でも改めて注目したいのは、小型バスのポンチョをベースとしたポンチョEV。

普段、何気なく利用しているバスですが、環境問題への取り組みは公共交通手段にとっても大きなテーマ。このポンチョEVはその名のとおり、動力源をディーゼルエンジンから電気モーターに置き換えたモデルで、東京都の墨田区や羽村市、石川県の小松市などで営業運行を行っています。

場内展示のため走行シーンを体験することはできませんが、最新のEVコミュニティバスをじっくりチェックしてみるのも楽しいのではないでしょうか。

◎三菱ふそう「Vision ONE」

電気商用車ブランドであるE-FUSOを立ち上げ、今後数年以内にトラック・バスの全車種で電動化モデルを開発すると発表した三菱ふそう。今回の展示においても、Vision-ONEと呼ばれる完全電動大型トラックのコンセプトモデルを世界初公開しました。

コンセプトモデルらしい未来的なデザインも見どころですが、注目すべきはそのスペック。Vision-ONEは車両総重量23.26トン、最大積載量11.11トンという大型トラックで、現在のディーゼルエンジンを積む同等車両に比べても、積載量は1.8トン少ないのみ。さらに航続距離も、1回の充電で最長350kmの走行を可能にしているそうです。

三菱ふそうでは、小型電気トラック[eCanter」の納入も間もなくスタートする予定。さらに4、5年以内に大型電気トラックの市販化も目指しているとアナウンスしました。市販モデルがどのようなカタチになるのか、Vision-ONEを眺めつつ想像を膨らませてみてはいかがでしょう。

◎ヤマハ「クロスハブコンセプト」

これは、はたらくクルマというよりも、レジャービークルでしょうか。2輪やモーターボートなど、幅広いジャンルの製品を手掛けるヤマハですが、ここ数年の話題といえば、4輪車への事業参入です。そして今回のショーでは、4人乗りのコンパクトピックアップを参考出品しました。

クロスハブコンセプトは、全長4490mm、全幅1960mmのボディに、4人分のシートを確保。さらに、モーターサイクル2台を搭載できる荷台も備えています。

ヤマハは海外向けに小型4輪バギーの開発・製造を行っていますし、その他ジャンルを見ても、4輪生産が十分可能な技術を有しています。このクロスハブコンセプトも、デザインコンセプトなんていわず、ぜひ発売を検討して欲しい1台です。

(文/村田尚之 写真/田中一矢、三菱ふそう)