日本の生活道路には、道を凸型やジグザグに舗装したり、車道に突起があるように見せかけることで車のスピードを落とす工夫がなされています。

海外でも同じ目的の取り組みが行われていますが、アイスランドのイーサフィヨルズゥルという街では、まるで横断歩道が宙に浮いているかのような舗装「3Dクロスウォーク」が敷かれており、注目を集めています。

Youtube/GústiProductions

アイスランドの環境委員長、Rald Tryllaさんはインドのニューデリーで車の速度抑制の取り組みが行われていることを知り、道路の塗装会社VegmálunGÍH社に依頼したとのこと。

道路の上にブロックを並べているようにも見えるので、飛ぶように渡ってみたくなります。

人々が横断する様子をドローンで撮影した動画です。違う角度から見ると、横断歩道が道路にペイントされているだけなのだということがわかります。

Youtube/GústiProductions

横断する人たちは楽しそう

横断する人はまるで空中を歩いているような気分になれそう。人が実際に横断歩道を歩いた時の様子をSNSに投稿する人たちもいました。

Janaさん(@ma.teska)がシェアした投稿 -

こんなユニークな舗装があったら、毎日楽しく横断歩道を渡れそうですね。